« 2014年9月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月19日 (日)

【参戦記】第6節H戦 レッズ2-1マリノス
神か仏か周作・阿部ちゃん

Gl5_kq6q3j3zeew8jqe_hmvuk4wfn2jv2ir

【試合前】
    先週と同じく、大宮のいづみ屋本店に3人が集合してからスタジアムに。1人は所要でキックオフ直前にスタジアム着。また、いずみ屋に集まった3人も1人は抽選番号が若いので途中で別れ、埼スタへ早出w
   

P1060295

   残った私ともう一人のおやじは開門後にスタジアム到着。ただ開門からそう時間が立っていないのに待機列がはけていたのに少しびっくり。天気もよく、気温も20度を超え温かいので、4万人位は行くと思いましたが3万3000人台。クラブ経営的にこの条件でこの数字はつらいところでしょう。もっとも最近のマリノスはかつてのようなライバル意識を持ちにくく、しょっぱい試合が多いので、あまり気分が盛り上がらないのも事実。とはいえねぇ。
   
【試合】
   ワントップはズラタン。武藤、司がその下に。高木ではありませんでした。石原の怪我は長期化の様相を呈していますし、興梠もまだ出られない状況。21日の水原三星戦はどうなるんでしょう。ちなみに陽介はボランチ。
   

P1060299

   試合はマリノスが先制。ズラタンが奪われたボールがカウンター気味に。三門からの秀逸な縦パスを受けた伊藤がバックスを抜き去り周作と1対1になってゴールを決める。周作がギリギリボールに触れたかと思いましたが無情にもボールはゴールマウスに吸い込まれてしまいました。
   

P1060296

    このシーンの前にも似たような展開で1対1からの伊藤のシュートを周作が止めていたので、その再現を期待しましたが、そううまく行かず。もっともこの好プレーがなければ、もっと失点していた可能性は大。さらに後半にはゴール前の混戦からのマリノスのシュートをゴールマウスに入った阿部ちゃんが掻き出すシーンも。これがなかったら同点。このプレーも大きなポイントでした。
   
   それにしても、先制くらってものの意外にばたばたしなかったチームに好印象。これまでの総失点が2という実績がそうさせるのか、昨年の反省が生きているのか、落ち着いたプレーを続けてくれました。しかも、前半のうちに武藤と司が得点して逆転(この2点とも席を外していて見れなかったおやじがいて、また伝説を作りましたw)
   
   後半は無理をしない展開で、例の阿部ちゃんのシーン以外はそうヒヤヒヤせずにすみました。きちんと試合をコントロールして2-1で試合終了。終盤、関根に替えて加賀を入れて守備固め(87分)。これでしぶとく勝ち点確保。このマインドをピリピリしてくるシーズン後半も持ち続けられるか気になるところです。
 
【雑感】

P1060310

   武藤の動きは見ていて楽しい。ウガとの連携で生まれたゴールは今後に期待を持たせる何かがありました。自ら打ったシュートのこぼれ球を詰めてゴールした動きもなかなかのもの。
   
  MDPの表紙になった関根は今節も先発。相変わらずクロスの精度、タイミング、コースがよくて見どころ満載。司のシュートはまさにその成果。
   

Mdp__2

   マリノスのアデミウソンはなかなかうまいし、俺が俺がではなく味方をうまく使う選手。ただ逆に一人で決めきる迫力がない。いい選手だと思いますが、助っ人としてはややものたりないのかも。そういえばこの日、新潟のラファエル シルバがまた点をとってました(通算5点目)。ああいう迫力がないですな。しかし新潟はいい選手を見つけてくるなぁ。担当者を浦和の強化部に連れてきてほしいもんですw
   
【試合後】
   いつもの通りタクシーで浦和へ。この日のタクシーの運転手さんは我々の知らない裏道を披露。これは渋滞箇所を見事にクリアする名ルート。お陰で、料金は過去最低レベルの3600円台。1人900円ですみました。ただ、この日いつも行く桜扇2号店は団体が入って?満席。仕方なく西口の磯丸水産へ。久しぶりでしたが、そこそこうまくて、バイトの店員も気が利いていて盛り上がりました。ちなみにその娘はユース出身の某選手と同じクラスだったことがあるそうです。
   

P1060324_2

第6節H戦 レッズ2-1マリノス、9月20日、土曜、松尾 一、ゴル裏、33,793人、晴、KO 17:04、勝ち点14で首位。同率首位の瓦斯が負けて、勝ち点3差で5位に転落。その間にガンバ:13、川崎:12、鳥栖:11が並ぶ混戦状態)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

【参戦記】第5節H戦 川崎1-1レッズ  耐えて追いついた でも逆転はできず

   

P1060275

 ミシャが現実路線で守備的に入った試合。おかげで軽い失点、アボーンな失点を食らうことなく、ある意味落ち着いて見られました。しかし、就任当初のミシャでは想像もつかない対応です。      

P1060266 おかげで川崎に責められても、意外と落ち着いて見てられましたし、守備的な割にはチヤンスを作れてた見てました。が、失点のシーンは車屋に守備にやや不安のある関根が見事に抜かれて、マイナスパスから失点。うまくやってたのに、このシーンでやられた感がたっぷり      

P1060269

 試合前、関根の先発を知った時は今年もこりずに喧嘩するんかいと思った次第。一方、毎回変わる前線ですが、ズラタン、石原、高木は結構期待した組み合わせ。で、始まって見れば守備的なのにはやや驚き、てな感じ。
 

 後半、チャンスはあるものの得点できなかったのに、終盤、洋介のFKからズラタンが決めてくれた時の歓喜はそれはすごいもの。逆転を狙って、サポも大盛り上がり。サポのボルテージも一弾上がる。これ醍醐味。立ってはいけない2回で短い時間ですが立ってしまいました。ま。逆転できませんでしたが、ある意味順当。文句はありません。

 ちなみに先発した関根は失点のきっかけを作ったものの、攻撃時にはなかなか魅せるプレーが随所にあり、レギュラーへの道を固めつつある感じ。ユース出身の選手がトップチームに定着すれば久しぶりです。

 残念なのは、個人的期待している石原が負傷してしまったこと。手術しなくてはいけないかはまだわかりませんが、少なくともそれなりに長い時間離脱を余儀なくされそうなのは残念至極。興梠が未だ復帰できず、豊富に思えたFWコマ不足の感も。この日戻ってきて同点弾のヘッドを決めたズラタンに当分頑張ってもらうしかありません。高木も期待してるんだがなぁ。

P1060248

 さて、川崎といえば三ちゃん食堂。食堂といいつつも居酒屋でもあるこの店。今回も昨年同様開店前に並び、開店と同時に店内に雪崩れ込みました。店は開店前に並んでいた人ですぐに満員。レッズサポの団体がかなりいたせいですが、普通の日のつもりで昼飯を食べに来た人にはご迷惑をかけました。しばし、入店できず待っておられましたから。ともかく、うまいし安いし、毎年楽しみにしているお店です。
   
   

P1060247

P1060267

 メインが新装なった等々力ですが、今年も昨年から始まった2階席での立っての応援は禁止。いまだに、その理由をきちんと説明された覚えがないので、なんだかなの気分。昨年、「メインの工事の関係で立たないで」と説明されたものの、完成なったメインを目の前にして、立ちのサポは禁止。「崩れるので壁打ち禁止」の張り紙のあった等々力ゴル裏のことですから自ずと理由は想像できますが、正式に理由は聞いたことはありません(あったら教えて下さい)。入場前に社長にも意見を言わせていただきましたが、来年はどうなるんでしょう。
   
     試合後はいつものことながら仲間とバラバラになってしまい、なんとか3人でまとまって帰路へ。その3人で赤羽の鶏一家で反省会。翌日は仕事なので自重はしましたが、いろいろたのしうございました。では。          

P1060273

第5節 川崎1-1レッズ、4月12日、日曜、飯田淳平、ゴル裏、24,992人、曇、KO 17:03、ガスも勝ってともに1位に)

P1060278

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

【参戦記】ACL MD4 レッズ1-1北京 寒すぎた

P1060234_2

   勝たねばいけない試合で先制点食らって、ようやく同点に持ち込んだものの、そのままジエンド。
 諸事情があるとはいえ李先発を聞いてやや萎える。石原、武藤が前目の3人となりましたが、毎回変わる前線の組み合わせ。選手も大変でしょう。

P1060238

 引き分けで正直、決勝リーグへ行くことはかなり難しくなりましたが、国内の試合は行きますよ。途中出場の関根はなかなかいいプレーを展開。守備の不安をつきまといますが、うまく成長してほしいもんです。   

Img_20150412_085600_2

  観客数は1万台。ただこの日はどこの会場も寒くて観客数減は仕方がない。いや、本当に寒かった。4度って何よという感じ。なにせ空気が冷たい。試合終了時には、足の裏が冷えすぎて辛いこと。この寒さで参戦を諦めた方も多かったのもむべなるかな。   

   まぁ、埼スタで19:30KOと多少配慮されても、平日にこの時間に埼スタに来るのは辛いです。
   
   試合後、いつもの浦和桜扇へ。軽く1時間、いろいろ語りながら解散。オーストラリアに行く仲間の試合が消化試合試合にならないことを深く祈ります。

P1060243_2

ACL MD4 レッズ1-1柏北京国安、4月8日、水曜、アブドゥラー・バリデー、ゴル裏、13,683人、曇、KO 19:30)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

【参戦記】第4節H戦 レッズ1-0松本
松本よお前はどうしたんや

Matsumoto

   
    新たな当日抽選2回目。と言いながら、開門後の到着。久しぶりに大宮のいづみやに顔を見せに行ったせいですが、6時間前という過酷な当日抽選のお陰で、ほとんど顔をだせなかったからなぁ。
   
   試合は、右サイドに深く入り込んだ関根からのパスを森脇が受けてペナルティエリア外の右側から蹴りこんだゴールが唯一の得点となり勝利。お見事でした。
   
   松本は「来る来る1万人」の噂はガセで、南ゴル裏半分も行かず。かつての新潟が記録した半分埋める記録は破れず。
   
    松本は反町の策に溺れたのか縦へのツッコミ力が弱く、試合の主導権はレッズに。元気いっぱいで突っ込まれた方がこわかった。
   
   とはいえ、こちらもチャンスで決められず、結局、後半、終了まで残り10分ほどの森脇のゴールまで無得点。それなりにヒヤヒヤの試合。これで引き分けにでも持ち込まれていたら大口松本サポが五月蝿くてかなわなかったはず。負けてたら大変だったわ。
   

Img_20150412_085622

   先発の前線の3人はズラタン、梅、高木。実は、石原を期待してたんですが、先発ならず。収まるし、後ろをとる動きもいいし、自分で決めようという気概も良しなんですが、得点が決まらないのが評価されないのでしょうか。MDPでも表紙だったのになぁ。高木も期待してますが、これもなかなか決められず。この日も惜しいプレーが多かった。
   
   試合前、仲間と半分冗談で言っていたのは、これだけ前3人が変わると、相手チームも対策に困るだろうにということ。明日の川崎の中村も同じようなことを言ってて笑えましたがw
   
   ただ、その時の仲間の一言「だから連携がダメダメ。あれじゃ点が取れないわ」。その通りで。ここをどう打開するんですかね。気づいたら第一ステージが終わってたなんてことは避けたいのですが
 
   (第4節 レッズ1-0松本、4月4日、土曜、高山啓義、ゴル裏、37154人、曇、KO 15:05、とりあえず首位は勝ち点10でキープ。次節の相手川崎は勝ち点7です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2015年5月 »