« 【参戦記】第14節A戦 鳥栖1-6レッズ <br/>前半のもやもやを後半ふっ飛ばしたケチャップ戦 | トップページ | 【参戦記】第15節H戦 レッズ1-0清水
中3日の対戦にやや苦労させれたものの
興梠の1発でなんとか凌ぐぎ王手 »

2015年6月 7日 (日)

【参戦記】第10節A戦 柏3-3レッズ
ダメダメながらも関根⇒武藤で追いつき引き分け 芸風が変わったなぁ

<p><p><p><p>ページ名</p></p></p></p>

Yuuyake

 ACL絡みで水曜夜開催となった第10節。国立がもうなくなってしまい、否応なく柏へ行かざるを得ない。狭くて遠い柏まで平日に行けるかい!と、文句をいいつつ、チケット発売初日になんとかゴル裏をゲットした私です。

 結局のところ、昼飯を抜いて頑張ったお陰で、午後4時半には会社の最寄り駅に立ってました。シート貼りはこの日お休みだったお仲間におんぶにだっこ。ありがたいことです。柏には5時半前に到着。会社を出るときには降っていた雨もやんでいい感じに。開門には間に合わないし、昼飯を食べてなかったので、駅そばにある立ち飲み屋「柏二丁目酒場」でウーロンハイセット(ガツ刺し付き、500円)、ホルモン焼き1本に、ハイボールを一杯流しこんでスタジアムへ。

 結構ムシムシする天気。中3日での試合なので選手の体調がやや気になる。暢久なら出場は無理だったろうな、と思いつつ駅から約20分のスタジアムへ。6時過ぎにスタジアムに到着。スタジアムに入る前に、4Gの一人と偶然遭遇し、一緒に入場。中はもう密集状態。しかも湿気が...。それにしても夕焼けが綺麗だった。赤い夕焼けが我々を祝福してくれると思ったのですが..(もっとも夕焼けは赤というより栗鼠色でしたが)。 

Rensyu_3

 試合開始後、観戦用の眼鏡を探しているうちに司が先制。何も見てません(泣 この日の前線3人はズラ、司、武藤という私のお気に入りメンバー。あっという間に得点したので、この後、何点入るかと浮かれた私。ACLとリーグ戦の成績が真逆な柏は前節も瓦斯に敗戦。ここ4試合1得点なんて話を聞いていたので妄想は膨らむばかり。

Kashiwasapo_2

 ところが豈図らんや、先制後わずか5分ほどで失点。それも西川が柏の工藤にキックミスをするという信じられないプレーがきっかけ。しかも、工藤がそのまま持ち込んで得点。やられ感がぶり返してくる。せっかく天敵田中順也がいなくなったのに、準天敵に失点とは。あの高い貧相な声のヒーローインタビューなんて聞きたくない。

 この試合、柏の前掛かりのプレスは激しく、かつボールを奪った後の推進力が高い。優勝した頃の柏を彷彿とさせます。何よ、話が違うじゃんと言ってもせんなきこと。

 一方のレッズはいつもの良さは消えてしまってました。強い寄せで相手に自由にプレーをさせず、かつあわよくばボールを奪って高い位置からのカウンター、なんて全然できず。終始柏ペースで、相手の動きに対応するプレーばかり。主導権を取れません。ある意味必然とはいえ、前半の終盤近くにFKから2点目の失点。FKを西川が前にこぼして、それをレアンドロにやられたものです。きっかけのFKも後手に回った挙句のファウルが引き金。大量得点どころか前半で逆転を食らってしまいました。

 後半も大勢は変わらず。関根と李にゴールのチャンスがあったものの、得点ならず。70分近くになんとかセットプレーで槙野がヘッドを決めてくれましたが、もうこの頃にはレッズの選手の動きが鈍くなってきて、いつものプレーを期待できない状態。西川も含めミスも目立ち、柏に振り回される。もう一点取られたら追いつけないなと、弱気になっていたら、78分にまたレアンドロが得点。しかも、それを防ぎにいったみっちゃんが足を攣ってピッチに入れないかもというやばい状態に、

 ちなみに、先発のズラはゴル前の競り合いで前半の早い時期に興梠に交替(捻挫。第一ステージの大事なところで残念無念)。司も傷んだようでハーフタイムで李に交替(6日の練習にはでていたので問題なし)。さらにこの日ほとんど目立つ動きのできなかったウガは橋本に替わっていて、もう交替枠はない!!

 それでもなんとか、みっちゃんは戻ってくれましたが、やばいことに変わりない。状況は圧倒的に振りだったのですが、試合後の「皆、落ち着いていた」という関根発言を聞いてびっくり。それが本当なら凄いもんだわ。

 それにしても、アディショナルでの関根のサイドからのクロスはすごかった。ちょうど目の前でしたからね。後で録画を見たら、関根はかなり疲労困憊の顔をしてました。それでも、あそこであの精度のクロスを上げるとは。それに合わせた武藤も凄すぎ。試合中、最後まで動き回っていた武藤ですが、彼のスタミナはどうなっとるんでしょうか。ゴールの時、槙野もあがっていたのもご愛嬌。この瞬間、この2人をどフリーにしてしまった柏。サッカーって怖いです。

追記:今年の引き分けは追いつかれてでなく、追いついてというのが凄い。芸風が変わりましたね。まだ、信用はしてませんが、ここまでは凄い。

Aisatsu_2


第10節A戦 柏3-3レッズ、6月3日、水曜、松尾一、ゴル裏、12,620人、曇、KO 19:03)

【順位】
・この日ガンバは勝利。ガンバと戦った鹿が0-2と完敗。使えないなぁ。まぁ、育成途中だから許してやろう(というかあの外人がハマってくると後半戦は怖いがな)。ガンバは2位に浮上。勝点差は7。ガンバは1試合少ないので、自力で4まで縮められる。うーん。清水戦は勝たねば。頑張れ鬼門神戸。

【相手サポ】
・バックスタンドには喜び方からレッズサポがいることが明らかにわかるw。残念ながらけちくさい規定でユニは着られないよう。かといってお仕着せでもらう黄色いユニもどきを着るはずもなく、モノトーンの世界にwしかしバックスタンドにアウェイユニの着用を禁じるのはいかがなものか。ケツの穴が小さいぞ、柏、栗鼠。

【レッズサポ】
・2試合続けて立席でしたが、無問題(当たり前ですがw)。このスタジアムの怖いのは骨組みしかない観客席。ものを落としたら地上まで落ちていく。スマホ落としたら泣くに泣けない。

Seki

【主審】
・松尾一。この人もレッズ不敗?神話がある人のようで。結局引き分けに。

【その他】
この試合の注目は、なんといても累積で出場できない那須の替りに先発したみっちゃん。期待と怖さ満載でしたが、試合開始早々、やばいプレーをやったので、今日はこれで厄落とし終了と思ったんですが。実は、その次の最初の失点時にみっちゃんが絡んでいたとの説も浮上w 

みっちゃんがボールを保持した際、前目のプレスを受けていた西川がボールを前へ出せと指示をしたのに、それを無視して、厳しいプレッシャーをかけられていた西川にしれっとボールを返したのが西川のミスにつながったという説。真実は不明ですが、らしい話。

3失点目もみっちゃん疑惑あり。録画をみると、撃たれたシュートへ対応しようとした瞬間、みっちゃんの脚が攣ったように見えます。実際はどうだったかはわかりませんが、失点後脚の攣りの治療でピッチ外にでたのは事実。もし、シュートに対する守備の時に脚が攣って対応できなかったのなら、笑えます。ネタ作りの王様です。翌日の記事に、この失点にさすがのみっちゃんも落ち込んで、他の選手がピッチから引き上げた後もピッチ脇でうなだれてる画像が掲載されてました。みっちゃんも落ち込むことがあるんだ、と思った次第。ちなみ今日(6日)、大原に行って練習を見てきましたが、何事もなかったようにくったくなく笑ってました。めでたしめでたし。

【呑み】
さすがにまっすぐ帰りました

|

« 【参戦記】第14節A戦 鳥栖1-6レッズ <br/>前半のもやもやを後半ふっ飛ばしたケチャップ戦 | トップページ | 【参戦記】第15節H戦 レッズ1-0清水
中3日の対戦にやや苦労させれたものの
興梠の1発でなんとか凌ぐぎ王手 »

参戦記」カテゴリの記事

柏戦」カテゴリの記事

浦和レッズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/61706801

この記事へのトラックバック一覧です: 【参戦記】第10節A戦 柏3-3レッズ
ダメダメながらも関根⇒武藤で追いつき引き分け 芸風が変わったなぁ
:

« 【参戦記】第14節A戦 鳥栖1-6レッズ <br/>前半のもやもやを後半ふっ飛ばしたケチャップ戦 | トップページ | 【参戦記】第15節H戦 レッズ1-0清水
中3日の対戦にやや苦労させれたものの
興梠の1発でなんとか凌ぐぎ王手 »