« 【参拝記】式内諸鑵神社(愛知県犬山市) | トップページ | 【参拝記】田縣神社(愛知県小牧市) »

2015年8月15日 (土)

【参拝記】大縣神社(愛知県犬山市)尾張二ノ宮

<p><p><p><p><p><p><p>ページ名</p></p></p></p></p></p></p>

12__r

  予想外の寄り道で時間を食ってしまい、歩く距離も増えてしまった大縣神社へ向かう。無風、快晴、高気温、高湿度に苦しめられながら、ゆるい坂道を登って約30分。ようやく大縣神社に到着。他の参拝者は車でガンガン上がってくる中、1人歩いて登る酔狂なおやじの図です。

4__r

3__r_2

 さすが尾張二ノ宮。神社らしい風格のある鳥居と拝殿です。神社の建築形式は疎いのですが、昨日の大国霊神社もそうですが尾張式という作りで拝殿が長方形で結構長さがあります。尾張式は本殿、渡殿、祭文殿、廻廊、拝殿、楼門(神門)と並ぶようですが、私が拝殿と言っているのは祭文殿と拝殿のことなのかもしれません。拝殿、本殿は参道に対して直角に左回転しています。もっともこれで南面することになるのでおかしくはないですが。

6__r_2

 さて、大縣神社ですが、祭神は地域の豪族の祖、大縣大神。その子孫に大荒田命がいます。その娘の玉姫命が摂社に姫の宮として祀られています。彼女は尾張氏直系の健稲種命と結婚した人物。尾張氏と連携して尾張の開拓を進めた一族だったのでしょう。

7__r

 境内には大国主命も摂社として祀られています。大国主命は古事記、日本書紀が成立したあと、一斉に新規に祀ったり、もとあった祭神に変えて祀るように指示がでた時に配祀された可能性があります。

 楽田駅をはさんで大縣神社の反対側にある青塚古墳は、この大荒田一族の墳墓とされており、全長123mの前方後円墳。その規模は県下第2位の大きさです。4世紀中葉ころの造営のようです。ちなみにこの古墳、小牧・長久手の戦いでは秀吉方が砦を築きました。

9__r姫石。鳥居の陰に隠れて見えないが女陰の形をしている

 古代史とは関係なさそうですが、大懸神社の「於祖々祭(おそそ祭)」は天下の奇祭。女陰をかたどった山車などが練り歩く。摂社の玉姫命を祀る姫の宮の裏手に姫石があり、これがなんと女陰をかたどったもの。

 これに対し玉姫命を主祭神とする田縣神社の豊年祭は男根をシンボルとする神輿が練り歩くというもの。この山車が大縣神社まで移動して合体と相成るそうです。

 田縣神社は大荒田命の屋敷があった場所。倭建命の東征で夫を亡くした後、玉姫命が実家に戻って遺児を育てた場所です。

13__r神社前の上り坂。この先に楽田駅がある

 さて大縣神社野参拝を終え、再び楽田駅まで徒歩で移動。小牧線を一駅乗って、田県神社前駅へ。この日、最後の訪問先、田縣神社にいざ。

|

« 【参拝記】式内諸鑵神社(愛知県犬山市) | トップページ | 【参拝記】田縣神社(愛知県小牧市) »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/62088607

この記事へのトラックバック一覧です: 【参拝記】大縣神社(愛知県犬山市)尾張二ノ宮:

« 【参拝記】式内諸鑵神社(愛知県犬山市) | トップページ | 【参拝記】田縣神社(愛知県小牧市) »