« 【参戦記】2ndステージ/第10節レッズ1-0
来た~!高木の一発で勝利 何食えばいいの?
| トップページ | 【参戦記】第11節A戦 清水1-4レッズ
やらかし免れ快勝。不思議な布陣で4得点 »

2015年9月13日 (日)

【参拝記】生田神社(神戸市)

<p><p><p>ページ名</p></p></p>

 

01_rr

 2015年第一ステージ優勝の翌日。ホテルを出る前に生田神社へ散歩。何度も来たことがあるのですが、何故か生田の森に入ったことがないのでちょっと見学へ。

1_r

拝殿から楼門側を振り返る

 生田神社は同じ兵庫県内にある廣田神社、長田神社と並んで神功皇后絡みの縁起のある神社。神功皇后が三韓征伐の帰路、船が動かなくなったので神託を受けたところ、海上五十狭茅(うながみのいさち)に自分を祀らせろという神託が稚日女尊からあったというのが創祀のきっかけ。神戸周辺の神社によくある縁起話です。前日に参拝した敏馬神社でも「船が動かなくなる」話が残っています。こちらの祭神は素盞鳴尊(ただしお告げは「美奴売神(ミヌメ)」からのもの)。

_r_2

 もともとは新幹線の新神戸駅の裏手にある布引山に祀られていました。この地には有名な布引の滝があります。ちょうど神戸戦参戦の日に訪れていました。

 その後、生田神社は799年(延暦18年)4月9日の大洪水をきっかけに現在の地に移ってきたとされています。神戸市中央区の一帯が生田神社の社領で、そこには税を納めて神社を支える氏子のような人たちがおり、その地を「神戸」と呼んでいました。これが神戸の語源となっています。

00_r

布引の滝。新神戸駅裏手の布引山にある

 祭神の稚日女尊は一般に天照大神のこととも、その妹とも言われていますが、神功皇后との関係が感じられません。稚日女尊は和歌山県の玉津島神社にも祀られています。ここでは、神功皇后が仲哀天皇死後の跡目争いで忍熊皇子と対立した際、和歌山に向かった神功皇后を稚日女尊が加護したとなっています。

 稚日女尊は下照姫ではないかという説もあります。下照姫は大国主(素盞鳴尊の娘婿)と田心姫命(素盞鳴尊と天照大神の子供、宗像三神の一人)の娘で、神武天皇の東遷の際、大和のウマシマジ(饒速日の息子)と交渉にあたった味金且高彦根(アジスキタカヒコネ)神の同母妹となります。つまり素盞鳴尊の孫ということです。素盞鳴尊のフリークである神功皇后と少し関係が出てきますw

 ちなみに祭祀を担当した海上五十狭茅は生田神社の社家(神職)の先祖。忍熊皇子側について神功皇后、応神天皇と戦った将軍「五十狭茅宿禰(いさちのすくね)」の息子とされています。海上五十狭茅がどういう経緯で神功皇后側についたのか、親子で敵味方に別れるというのはよくあることですが、興味深い話です。

 また、生田神社には「灘の生一本」で知られる日本酒の生産地、「灘五郷」発祥の地ということから松尾神社が摂社として祀られています。これも神功皇后が絡んでます。三韓征伐の後、新羅から使者が毎年訪れ、その際、敏馬神社のある「敏馬の泊」で生田で醸造した酒をふるまったのが酒造りの始まりとされています。その酒は、廣田神社、長田神社、生田神社、片岡神社から50束ずつ集めた稲で造ったもの。

_r_3

生田の森の入口

 さて肝心の生田の森、入口までいくと午前10時から開門となっていましたが、7時過ぎのこの時点で入れました。こじんまりとした森。かつては広大な広さを誇り、一の谷の戦いの時に平家軍が陣を置いたとのことですが、その面影はありません。呆気無く散歩は終了。ホテルに帰って、再び神社めぐりです。

 

|

« 【参戦記】2ndステージ/第10節レッズ1-0
来た~!高木の一発で勝利 何食えばいいの?
| トップページ | 【参戦記】第11節A戦 清水1-4レッズ
やらかし免れ快勝。不思議な布陣で4得点 »

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82716/62271968

この記事へのトラックバック一覧です: 【参拝記】生田神社(神戸市):

« 【参戦記】2ndステージ/第10節レッズ1-0
来た~!高木の一発で勝利 何食えばいいの?
| トップページ | 【参戦記】第11節A戦 清水1-4レッズ
やらかし免れ快勝。不思議な布陣で4得点 »