« 2015年9月 | トップページ | 2016年8月 »

2015年10月

2015年10月10日 (土)

【参戦記】第11節A戦 清水1-4レッズ
やらかし免れ快勝。不思議な布陣で4得点

P1090660_r

 槙野が不在で、変速的な布陣。前には興梠、高木、関根、司、武藤がいて、阿部ちゃんが落ちてきて、宇賀神は左サイドに入り4バックのような風情。4-1-4-1なんですかね。スタメンが発表された時には、どう並ぶんだと仲間と一悶着w 

P1090654_r_2

 降格の危機にさらされて、田坂監督に替わっても5試合も勝ちがないという、浦和にとっては変なフラグが立っている試合。しかも少しずつ良い試合をし始めている状況。さらに浦和が勝って、かつ広島が勝てなければ年間一位に返り咲けるという試合。こういう時にやらかすんですよね。

P1090667_r

 てな、不安を持ちつつ入った試合。攻勢に出て試合を支配するのですが、なかなか点が入らない。武藤が先制点!かと思ったらオフサイドともやもやする展開。そうこうするうちに柏木のフリーキックがゴル前の混戦を経て得点に。反対側なので誰が何をしたやらよく分かりませんでしたが、とにかく先制点をとって安堵。オウンゴールとの発表でしたが、試合後に森脇が得点者に変更になりました。後で映像を見ると明らかに森脇のゴール。相手選手にあたってのゴールでしたが、森脇のヘッドは枠に行っていましたし、相手選手にあたっていなくても入ってたボールですから当然でしょう。

 で、喜んでたら、わずか10分後にセットプレーからチョン・テセに頭でやられて同点にされる。那須さんが完全にテセに逃げられ、どフリーで決められました。こういうのには強いなテセは。これで、このまま前半は終了。

 試合を支配していながらも同点での折り返し。「やらかし」という文字が脳裏に浮かびます。ところが後半からは、打って変わっての3得点。いやーごちそうさまです。ウタカのシュートなどであわやというシーンがありながら、西川が危機を防ぐと、その後、興梠、武藤、おまけに陽介のゴールで結局4-1の快勝。

 興梠のシュートは関根の見事なセンタリングから。武藤は難しいシュートを決め、最後は柏木が武藤に渡したボールを自ら受けてゴール。武藤にボールを渡した後、ゴールに向けて一所懸命走る陽介が可愛かったw この時、陽介は興梠に替わって青木が入ったので、1枚上がっていての得点。チームをコントロールした後に、最後は自ら得点。楽しくてしょうがない試合だったでしょう。

 相手の清水は前半はともかく、後半、崩されてからは脆かった。もっとも、レッズの選手にあれだけプレッシャーのない状態でボールを持たせてはダメでしょう。ただ大前は怖かったですね。ここ数試合先発していなかったようですが、田坂が勝負をかけて攻撃的ににするために先発させたんでしょう。ウタカもやる気たっぷりでなかなかうるさかったす。

P1090678_r

第11節A戦 清水1-4レッズ、9月19日、土曜、岡部拓人、ゴル裏、19232人、晴、KO 19:04)

【順位】
・第2ステージの順位で首位広島とは7差でしたが、広島が鳥栖に引き分けて5差に。2位はこの日甲府に勝った鹿島。広島と同じ勝点25です。年間順位では広島を抜いて年間1位に返り咲き。と言っても勝ち点差はわずか2。3位は瓦斯ですが勝ち点差は8と開いています。
【相手サポ】
・なんかレッズサポとほとんど同じ数くらいしかいない。併せて約2万人はさびしいもんです。「王国清水」の弾幕が見つからず「24年目もJ1へ」の弾幕が。痛々しい。
【その他】
この日クラマー氏の死去を痛み、試合開始前に黙祷

P1090666_r

相変わらず試合中に動画のCMを流す運営。こんなことをするのは清水だけ

P1090672_r

P1090684_r

 試合後、今回は掛川泊ということで仲間6人と掛川の「じとっこ組合 掛川駅前店」で祝勝会。7月23日に開店したばかりだったようで。この日はお仲間2人と車で浦和午前6時発でやってきた遠征でしたが、心地良い疲れで満足。ちなみに試合前は昨年に引き続き小國神社にもいって恒例かき氷をいただきました。もっとも昼飯は駅前通りの蕎麦屋だったんですが、これがまずくてこまりものでした。そういえば泊まったドーミーインは中国人観光客の団体がいて、大変。ま、多くは語りませんが...。今年は遠征に行くとどこにでも中国人だらけでびっくりです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2016年8月 »