ACL

2015年5月 6日 (水)

【観戦記】ACL MD6 ブリスベン・ロアーA戦 1-2
興梠復活!でようやく初勝利 青木、橋本はどうしたん

 レッドボルテージに瓦斯戦(5月16日)の抽選券を発券しにいって帰宅したのが5時半過ぎ。なんとか日本時間6時KOに間に合ったものの、契約してないチャンネルでの放送なので、TVで試合を見ることができない。もっとも、妻が世界卓球の録画を見ているのでどうせ見られなかったんですが...。

 とはいえ、twitterでネット中継している場所を知り、ネット観戦に成功。ただし、画質はボロボロ、かつ画面がたびたびフリーズ。しかも、20秒近く消せない広告が突然表示されるなどなかなかの観戦環境。救いだったのはいつも埼スタで一緒に参戦する某氏が音声中継をしてくれたこと。映像中断の時はもちろん、選手が判別できない映像を見るのにとても助かりました。

 キーパーは大谷。前3人は復帰戦となった興梠に高木、李の組み合わせ。ボランチは啓太、青木、両サイドは平川さんと橋本。後ろ3人は加賀、永田、岡本。予選敗退で、まさに大胆なターンオーバー。ただ、ターンオーバーしたACLの試合では連携プレーができず、攻守に厳しいものばかり。

 この日も早い時間帯ではコンビネーションがなかなか取れません。それでも、守備では途中からようやく連携ができるようになり、攻撃連携もなかなか見応えがありました。もっとも、相手はACL予選不調のブリスベン。割り引いて考えないと行けないんでしょう(しかも大量得点しなくては予選を通過できないのに先制点を食らって心が折れたのかもしれませんが)。

 先制点は復帰した興梠。啓太からの絶妙なスルーパスを受けて、絶妙なコースのシュートを綺麗に決めてくれました。後半の得点は、交替でピッチに入った直後の武藤。高木が右サイドから左サイドに大きくふったロングボールを受けて、そのままファーにシュート。胸のすくプレーでした。

 ただ、終盤、守備のラインが下がり始め、バタバタするシーンが続出。結局、ここで1点返され、さらに追いつかれる臭いもプンプン。ここで引き分けては未勝利でACL終了となってしまいます。なんとか凌いで勝利しましたが、このメンバーでの熟成と経験と強い心がもっと必要なことを痛感させられました。今後もナビスコや天皇杯などターンオーバーが求められる機会は多くあるでしょうから、練度を高めることは喫緊の課題です。それをどうやって実現するのかは難問ですが。

 それにしても興梠がスネを蹴られて倒れこんでしばらくうずくまったまま動かなかった時には肝を冷やしました。怖いです。一応、復帰し、後半途中で交替となりましたが、単なる打撲で済んでいることを祈ります。

 秀仁も最後、啓太に替えて入りましたが、ターンオーバーメンバーでも先発で入れないんだよなぁ。青木を蹴落とすくらいのがんばりが見たいもんです。最後に、現地に参戦した皆様有難うございました。

ACL MD6 ブリスベン・ロアーA戦 1-2、5月5日、水曜祝日、アリレザ ファハニ、ネット観戦、5,941人、晴のち曇、KO 19:00)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

【参戦記】ACL MD4 レッズ1-1北京 寒すぎた

P1060234_2

   勝たねばいけない試合で先制点食らって、ようやく同点に持ち込んだものの、そのままジエンド。
 諸事情があるとはいえ李先発を聞いてやや萎える。石原、武藤が前目の3人となりましたが、毎回変わる前線の組み合わせ。選手も大変でしょう。

P1060238

 引き分けで正直、決勝リーグへ行くことはかなり難しくなりましたが、国内の試合は行きますよ。途中出場の関根はなかなかいいプレーを展開。守備の不安をつきまといますが、うまく成長してほしいもんです。   

Img_20150412_085600_2

  観客数は1万台。ただこの日はどこの会場も寒くて観客数減は仕方がない。いや、本当に寒かった。4度って何よという感じ。なにせ空気が冷たい。試合終了時には、足の裏が冷えすぎて辛いこと。この寒さで参戦を諦めた方も多かったのもむべなるかな。   

   まぁ、埼スタで19:30KOと多少配慮されても、平日にこの時間に埼スタに来るのは辛いです。
   
   試合後、いつもの浦和桜扇へ。軽く1時間、いろいろ語りながら解散。オーストラリアに行く仲間の試合が消化試合試合にならないことを深く祈ります。

P1060243_2

ACL MD4 レッズ1-1柏北京国安、4月8日、水曜、アブドゥラー・バリデー、ゴル裏、13,683人、曇、KO 19:30)
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

【観戦記】ACL予選第6戦 ムアントンA戦0-1 勝ったものの、無念な試合。崩れ落ちるオヤジ達

残念ながら、今年のACLは3位で予選敗退してしまいました。最後の試合であるアウェイでのムアントン戦は勝利したものの、広州と全北の試合が引き分けになりジエンド。全北の負けが予算通過の条件だっただけに、全北アウエィ戦のアディショナルタイムで同点にされた失点が悔やまれます。

戦前、浦和のホイスにオヤジ3人と息子1人。これに飛び入りオヤジが1人集まったと思って下さい。巨人戦をTVで流れている中、スタメンの予想をしつつ、前哨戦。おおかたの関口トップ下予想に対し、「ヤジシン」と言って却下された私ですが、実は正解でした。

それ以外では、怪我で先発出来ない槙野に代わり、ツボ右、森脇左の布陣。累積警告で欠場した啓太の穴は陽介が下がって埋める布陣。ヤジシンの先発予想とともに私は暢久の先発予想もしましたが、これはヤジシン以上に不評。他のオヤジにすぐ却下されました。暑さに弱い暢久が出る訳もなしとのおしかりを受けました。ごもっともで。

試合は、レッズの慎重な入りで始まりました。無理押しせず、守備を意識した展開。清水戦、広州戦でやられた裏とりのロングボールを教訓にしてのことなんでしょう。ですがその分、今年の浦和らしい圧力がかからず、0-0で前半終了。

それにしても、広島時代、攻撃サッカーという自分のスタイルを崩さなかったミシャが、さすがに浦和に来ると、守備を意識した戦術を組むんですね。リーグ戦でも、練習でも守備に気を配るというのは広島時代ではあり得ない姿。

とはいえ、失点をしないための隠忍自重型の試合は見てる方はやきもき感十分。そんなやきもき度がかなり高まった48分。那須の見事なダイビングシュートがでました。泣きました。

ただ、その後も、リスクを避けた展開で、追加点はならず。ネットで広州と全北の試合をウォッチしていたお仲間の、「引き分けです」の言葉にオヤジ達は一斉に崩れ落ちたのでしたorz

それにしても、思ったより苦労した試合。負けないために耐えた試合でした。なのに広州と全北は図ったかのような互助会引き分け。まぁ、お互い無理はせずになるのは見えてたんですが。

それにしても、悔しい。勝って、柏と3連戦したかったのにw

ACL予選第6戦、ムアントン0-1レッズ、TV観戦、ハッサン・モハメド、7348人、晴、午後7時:日本時間午後9時、5月1日、水曜、3位で予選敗退)

・ヤジシンのプレーはやはり何かを感じさせますなぁ。ワクワクします。縦の動きで魅せる元気と、コンパクトに前後左右に動き回るヤジシンは好対照ながら、どちらも魅力的です。
・ムアントン戦には1200人が参戦との話がありましたが、どうだったんでしょう。声は良く聞こえてました。参戦された皆様、ご苦労様でした。

・今日(5月3日)、栗鼠が大分に勝ち、6連勝で首位キープ。鞠はホームで鹿島に1点差で負けていたのにロスタイムに追いついて引き分け。暫定3位のレッズの下には鹿島、桜と続きます。桜は、俺たちの柿谷が2得点し、0-3で湘南に勝利。待ってろよ柿谷。6日はぼこぼこにしてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

【参戦記】ACL予選第5戦広州恒大戦3-2 美しき逆転劇、見せ所満載は良いけどヒヤヒヤさせすぎ&ビバ暢久

Conv0004
久しぶりの晴天、今日は清水H戦、というのは良いんですが、栗鼠が昨日、柏をボコって勝利したので不快な朝です。

さて気を取り直して水曜日の広州恒大戦。負けられない戦いという緊張感のなか、劇的な逆転劇。しかも、阿部ちゃんのPKはずし、興梠のゴール、阿部ちゃんの名誉挽回のゴール、しびれる丸塩のPK、リッピのペットボール蹴り&退席、オフサイドシュートのゴール認定、4分のアディショナルタイムの攻防など、見所満載の試合。これぞACL戦ですな。

広州恒大は乱暴なイメージの強い中国とは思えない正統なプレーをするチーム。中盤でパスをつないでここぞと言うときに前線に適確なパスを放り込んで、スピードとテクニックのある前線の選手がそれを受けてバイタルゾーンへ攻め込む。ひきまくったり、縦ポン一筋のチームと違ってプレーは力強くかつ美しい。もっとも中盤でガチガチ来るわけでもないので、レッズとしては比較的やりたい事が出来る展開、だったんですが...。

好事魔多し。攻め込んで得たPKを阿部ちゃんが外し、あろうことか、攻撃中の森脇が中盤の高い位置でボールをかっさわれてキーパーと1対1での失点(37分)と最悪の展開。

ミストシャワーのような雨を浴びながらの参戦に、さらに冷や水を浴びせかけられてしまいました。恒大の選手の個の技術とスピードはなかなかのもの。しかもDFはでかい。

Conv0008

ピリピリする緊張感の中での失点は、心に結構効きましたが、なぜかこの日はもともと負ける気がしてませんでした。攻め込みながらの失点という最悪の展開ながら、この理由のない確信がなぜ生まれたんですかね。

相手が、堂々押してくるチームに対しては、浦和は自分達のプレーができるというところでしょうか(その善し悪しの程度はありますが)。この日もそういう意味で、浦和らしいプレーを見られたのが勝利の確信を得られた理由かもしれません。

Conv0007案の定、後半に入ると、平川経由のグラウンダーのセンタリングに興梠が滑り込んで来て合わせて1点(52分)。実に興梠らしい得点で、同点に持ち込みました。

さらに、真ん中から攻め上がる阿部ちゃんが左の槙野へパスし、これを槙野が阿部ちゃんに戻し、これを阿部ちゃんがはたいてゴール右隅に決める(63分)。

逆転の瞬間の狂喜乱舞はかつての興奮のACL体験を蘇らせました。これだからACLは止められないw そして、その直後、カウンター気味の攻撃から興梠がバイタルエリアに入り込みPKチャンスを獲得。これを丸塩(阿部ちゃんではないw)が決めて2点差(67分)。

その直後、判定に苛立ったリッピが右の線審に向けてペットボトルを蹴り上げ退場など、押せ押せムード。丸塩の遠目からのグラウンダーシュートこそゴールしなかったものの、追加点の臭いがぷんぷん。

これで、さらに追加点を加えて、アウェイの借り(2点差負け)を返そうと思ったのですが、順大がゴールエリアを出た場所でボールを手で扱ってしまいファウルを食らう(77分頃)。このときのFKこそ得点になりませんでしたが、ここから流れが恒大側に移り、攻撃を押し返すのに四苦八苦する展開が続く。敵陣営の中でのプレーが続き、じりじりDFラインも下がり始めるやばい展開。

Conv0005

85分に、関口(out宇賀神)、阪野(out興梠)を入れて運動量を上げを図ったものの、交替直後のFKからオフサイド判定のシュートが得点認定に(啓太が触ったのか?)。快勝のはずが、同点=予選リーグ敗退の危機が押し寄せる。

あげくに、啓太が異議?でイエローをもらい2枚目。これで次節ムアントン戦にでられません。それでも最後、阿部ちゃんに代わって入った暢久が1人で相手のチャン リンポンを1発レッドに誘い込む技を披露w 

ボールを持つ小さな暢久にかわされ、すがるものの振り払われて転倒したのがよほど悔しかったんでしょう。体当たりを暢久に食らわせてのレッドでした。噂によると暢久につばを吐きかけたとの話も(ふざけんな。国外追放だ!)。

もっとも暢久もユニの裾を握ってで離さないチャン リンポンの襟首を掴んで投げたのも事実。これだけなら暢久のイエローで終わるとこでしたが、たぶんシレットしている暢久を見て若いチャンの心になにか火が付いてしまったんでしょうなw

暢久のファウルによるFKの時点でわき起こる「We are Reds」の雄叫び。異常な緊張感の中、このFKを凌いだ直後に試合終了。長いアディショナルタイム4分を何とかしのいで首の皮1枚の残しての勝利でした。全北現代戦の悪夢は再現されませんでした。

Conv0009

いやぁ疲れた。この日、浦和で10時過ぎから懲りずにホイス。びしょ濡れの体を温め、いつものオヤジ4人で祝勝会。勝利の試合を反芻w その後、終電で幸せそうに家路についた水曜の夜でした。

Conv0011

ACL予選第5試合、レッズ3-2広州恒大、北ゴル裏、トルキ モフセン(イラン)、19,687人、雨、午後7時半、4月24日、水曜)

・それにしてもいただけないのはここ数試合の順大の出来。ハンドの他にも、この日もキックミスを多発。厳しい攻防が続くアディショナルタイムにも直接ラインを割るゴールキックを蹴るなど、危険なプレーがやらかしてました。そのほか、慌てる必要のないところでバタバタする。素早い動きで攻撃に転じるのはいいのですが、ややプレーが軽率です。

・相手のレッドを誘った暢久の鬼プレーは後日、録画を見てようやく理解。この男凄いわ。「何で相手はあんなに怒ってたんだかわからない」「イエローはなぜなのか」などの発言も私の心を鷲づかみにしますw 今日はそんな暢久の20年勤続祝いの日です。

Conv0002_2

・その相手のチャン リンポン。でかいし腕の入れ墨が凄い。魏志倭人伝に倭人が「男子皆黥面文身」とありますが、それを彷彿とさせます8さすがに顔に入れ墨はしてませんでしたが)。同じく魏志倭人伝には中国大陸の会稽地方でも同様の風習があると書いています。広州の彼も実は会稽出身だったりしてw

・チャンが退場を食らった時、向こうのコーチがチャンに詰め寄るシーンが秀逸。「馬鹿野郎、ゲームを壊す気か」という感じですかねw それでも怒りのおさまらないチャンをチームスタッフが速やかに退場させようとしてたのは印象的。

・お恥ずかしい話ですがリッピが退場した後も、リッピ風の人がテクニカルエリアに立っていたので、リッピは退場しなかったのかと思った私ですorg 白髪のコーチは遠目にリッピに見えたんですよ。はい。

・この日、参戦に出遅れ、スタジアムに着いたのは午後7時前。この時点でも結構恒大のサポが入ってました。試合が始まるとさらに増えて、栗鼠より多いくらいw ただ、平日の雨中の試合とあって観客は1万9687人。それでも栗鼠A戦より多いわい。

Conv0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

【観戦記】ACL予選第4戦全北現代A戦2-2 
悪夢を見ているようなロスタイムの悲劇

いやな予感はありました。攻め込まれてずるずる下がるディフェンスライン。その時、見事に選手はペナルティエリアに密集。あえて言えば、それだけ密集していれば、蹴られても誰かに当たる位の状態。しかしながらこぼれたボールに飛び込んできた選手に誰も対応できず、エリア内からフリーでゴールシュートを打ち込まれてしまいました。

これで勝利の勝ち点3は掌から溢れおちてしまいました。苦渋の引き分け。

試合開始直後3分にCKからの那須のヘッド、7分にシュートを弾いたGKのこぼれ球を飛び込んできた司によるゴールと前回の敗戦の鬱憤をはらすかのような得点に快哉を叫ぶ。ただ、前回の逆転劇を見ているだけに、一抹の不安も。案の定、攻勢に出るも追加点が取れず、そうこうしているうちに次第に圧力を受けて、受け身の時間が長くなります。

そして後半直後の51分、CKからのこぼれ球をエルニーニョならぬエニーニョに美しいループシュートを決めれられ失点。その後も、冷や汗の出る試合展開。なんで全北は最初メタメタ、中パッパなんですかね。

それにしてもエルニーニョのキックの正確さはなんなんでしょう。1失点目も左サイドから、結構な距離から、ゴール右隅に狙い澄ましたループシュートを打たれました。その後のFKでもバーに当たる(と記憶)キックを披露。こいつが蹴るFKは怖くておちおち寝てられませんw レッズでの全盛期のポンテのボールコントロールを思わせるプレー。当時の相手チームの気持ちがよく分かりました。

そして、最後の最後。何とか逃げ切れるかと思ったロスタイムの失点。その時に一緒にいた仲間とともに崩れ落ちました。後味の悪い試合。現地に赴いた800人?の無念が脳裏をよぎりました。

・この日、現地に赴いた知り合いのサポ、甚だ多し。一緒にTV観戦した我々3人以外のサポ仲間のほとんどが現地へ。参戦者が少なかった大分A戦より多いのは確かw

・現地では、先に入ったコア部隊が2階から下げたダンマクにいちゃもんつけられて、後からのサポの入場が滞る。人質を取られた感じになり仕方なくダンマクをおろしたそうです。こういう運営するチームには勝ちたかったです。

・柏木は、相変わらず調子が悪そう。試合後の練習では復活したとの話もあるので、湘南戦期待してます。しかし、レッズは日曜開催ながら、昨日、10人になった栗鼠が追加点を取って勝利したのはむかつきます。なんだか。

ACL予選第4試合、全北現代2-2レッズン、TV観戦、ブラディスラフ ツェイトリンs、 10,152人、晴、午後7時、4月9日、火曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

【参戦記】ACL予選/第3戦 全北現代H戦3-1 だから暢久を出せと言ったのに

Id4850196

試合中、某選手が痛んで、ベンチの暢久のウォーミングアップが始まり、タッチラインに暢久が立つ。後は、審判のOKを取るだけとなったのに。あの某選手は頑張って、交替はなし。この日、最悪の出来事でした。「暢久をだせ~(負けてもいいから)」と叫んだのに、周りは冷笑。

Id4849544

午前中は大雨でどうなることやらと思っていたものの、午後3時ころには陽射しも出てくる天気。ホームの試合で全北現代をたたきのめす気持ちで向かった埼スタ。シャトルバスに乗った時間はちょうど日が沈むころ。赤く染まった空と、白い雲、赤いライトがつき始めた美しい埼スタをみた時に、涙がw 平日のこんな時間に、遊ばせてくれるレッズに感謝しつつ、勝ちを確信した瞬間でした。

そして、試合開始。前半6分で槙野、元気で奪った先制点。全北の守備はバラバラで、弊チームボランチはフリー。こりゃ行けると思いますわな。この後も何度も得点機を作り、うきうきするのは宜なるかな。

だが、しかし。元気が絶好のチャンスを外し、丸塩がシュートを2度ゴールポストに当て、元気のヘッドをうまく防がれ、その他計4点は入ったと思われるチャンスを逃しているうちにもたげてくる不安。そう、「取れる時に取らんと」。

結局、その不安は的中し、後半に3点を奪われる展開。最初の1点はセットプレー崩れ(たぶん)。2点目もセットプレーからの失点。最後は、想像外の距離からのシュート。逆転してからの全北は、固く守り、簡単に点を取らせない展開。さらに追加点を得て、ジエンド。

Id4849991

目視で数える事が出来る数のサポしかいない全北にホームで見事な完敗。陽介の不吉な宣言が、いきなり発動。心が折れました。


こころ折れたオヤジたちは、このまま解散できず、浦和のホイスで憂さを晴らしたとさ。

(ACL予選/第3戦 レッズ3-1レッズ、ゴル裏、アルガムディ、22,005人、晴、午後7時31分、4月2日、火曜)

Id4849814

・この日、観客は2万2005人とACL最低を更新。まぁ、雨が激しく降っていた午前中を考えれば仕方ないとはいえ、やや残念。
・前日、広島はACLで大胆なターンオーバーを実施w 替わりの人材がいないだけに惨敗。これで良いのか前チャンピオン。
・浦和のホイスは苦い味。新宿ラインが止まるようになったので帰宅の足が改善したのがせめての救いw
・土曜の試合も天気は荒れ模様の予想。今日のように都合良く止んでくれる様子はなく、厳しい天候になりそう。さて、どうなるやら。
・この日、デジカメ忘れました。よってスマホの写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

【観戦記】ACL予選広州恒大A戦 0-3 
負けたくはないが、負けても希望を抱ける試合もあるもんさ

 21013年最初の試合。Jリーグ開幕まで中3日の試合日程は辛いけれど、広島はこの前にゼロックス杯を戦っているわけで贅沢は言いません。

とはいえ、3月の遠征の嵐を考えると、参戦するほどのキャッシュフローはなく、と言うより平日3日も絶対に休めません。
 

 ということで、中年廃人が4人示し合わせて浦和で観戦です。

意気込んで、試合に臨んだものの、結果は一方的な3-0の試合。それでも、「あ~、こりゃだめだ」ではなく、J1開幕が楽しみに思えたところで救われました。攻守ともに、パスをつないでく動きはよどみなく、ミスも少ない。ボールをもってからパス先を考えるという数年前に良く見られたシーンはなく、ゲームを進める決まり事とそれを実践する意志がはっきりしていることがなにより。 

 もっとも、興梠が負傷で欠場。元気がワントップという布陣は、昨年同様好機は作るものの、得点につながらないという手詰まり感はタップリ。また、全体にミスは少なかったものの、前のめりに攻め込み過ぎて、ここぞというところでミスをして、それをものにされて2失点という脆さもみせました。

 それでも、途中、相手のハンドで1点損した気分だっただけに、2-0で終われば、重畳だったところ。残念ながらロスタイムに啓太のロスタイムを招いてしまい3-0。この日は啓太には天誅殺(古い)のような日だったでしょうが、気持ちを持ち直して開幕を迎えて欲しいもんです。

ところで、この日の審判は中東の笛かと思いきや、まともなジャッジ。ハンドを見逃したとはいえ、好印象。翌週の「カタール吉田」に比べてずいぶんまともでした。

さて、レッズのいるFグループは想像以上に厳しそう。タイのチームもなかなかの実力チームとの噂。ま、そこを踏ん張って予選リーグを抜けてください。(この週、ACLで勝てたのは貴州人和とアウェイで戦った柏のみでした)

(ACL予選第1戦、広州恒大3-0レッズ、浦和某所、BANJAR MOHAMMED AL-DOSARI、39,876人、曇、午後8時00分:日本時間午後9時00分、2月26日、火曜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

【試合展望】Enjoy Football ナビスコ杯決勝鹿戦

明日はもう、決勝戦。
もう、何をいわんかの気分。

堀監督になって充実した練習が出来ているチーム。

先発メンバーも、ほぼ鞠戦の世界でしょう。

峻希、宇賀神、平川の使い方と、啓太の後に秀仁を使うかどうか。

猪突猛進の攻撃サッカーではなく、DFと一体になって、コンパクトに押し上げられるかがポイントかと。

中盤とDFの間が空けば、その間、さらにはDFの裏を必ず鹿は狙ってくるでしょう。
中盤飛ばしと、素早いカウンターにしてやられないこを祈ります。

では、明日、歓喜の結果を国立で味わいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

【ケータイ観戦記】だから遠藤消えろ アウェイACL準々決勝 1-1

やはり10月は鬼門。去年は、苦労して手に入れたフクアリのゴル裏チケットを手にしながら、仕事の関係で土日出勤を余儀なくされ、チケットをお仲間の譲ったっけ。深夜帰宅タクシーでお相手の近所のローソンで落ち合い、午前2時(だったような)のチケット受け渡し。

そして、今年も、何とか手に入れたACLのチケットを持ちながら、仕事で参戦できず。テレビも見れず、携帯電話に送られてくる得点メールだけが唯一の情報源。もちろんWeb でリアルタイムの試合速報を見ることはできるが、そんなことをしている余裕はない。見てしまえば、仕事が中断する。

で、送られてくるメールに過剰反応しながら仕事。萌のゴールのメールを見たときには、大喜び。参戦できなかったことを恨めしく思いつつ仕事、仕事。

さぁ、試合がもう少しで終わるというときに送られてきたPK情報。遠藤が遠藤が遠藤が。
もうだめ。その後はJ'sGoalの速報にかじりつき終戦。引き分け。

いや、22日に勝てばいいんだから、レッズは優位。勝たなきゃいけないという状況は、追い込まれないと力が出ないレッズには追い風。サポも燃えますよ。

しかし、まだ録画見てません。だから、試合ってどんな感じだったのか、内容はと、いろいろ妄想。その妄想は以下の通り。後で録画を見て、妄想が正しかった検証します(笑

出来の良い前半
萌の勇気あるゴール
後半へばり
猛攻に耐えたがらもPKで遠藤に入れられ
中東の笛が吹かれ
都築がイエローorz
ミネイロがツボに何かした?
相馬,都築,萌 ホーム戦出場停止

(ACL AFCチャンピオンズリーグ2008 準決勝・第1戦 、シベリア1-1レッズ、会社、    Al Hi Ali 氏て、 17,166人、晴、午後7時、10月8日、水曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

【参戦記】今日のレッズは強かった と思う ACLホーム決勝リーグ第二戦 2-0

Conv0001 いやぁ、昨日のうちにブログ3件上げておいてよかった。

心置きなく今日の試合のことが書けます。
といっても雑感ですが。

しかし、試合が終わってとっとと帰っても11時50分になってしまうのが悲しい。スタジアムと10キロほどしか離れてないのになぁ。

さて、今日の試合。いくら涼しくなったとはいえ、中2日で試合をするのは相当きつい。
前半から疲労の色を見せる選手を見ることになるのではと半分覚悟してました。

ところが、あにはからんや頑張って動く選手たち。エジも走り回って頑張ります。

それにしても、アルカディシアの選手に怖さがないのはなんで?早く来日しすぎて秋葉原でメイドに骨抜きにされたんでしょうか。クェートに参戦された某嬢の話ではもっとがつがつ来てたとのこと。ミドルシュートもうたないし、荒っぽいプレーも少ない。

一挙一動に反応するレッズサポの歓声と罵声とブーイングがそうさせたんでしょうか。ゴールキックをあらぬ方向へ飛ばす、か細いキーパーはあまりのうるささに耳をふさぐ始末。選手間の意志の伝達ができなくて、チームプレーができなかったんでしょうかね。うちはいつもできませんが。

そして、後半、南から沸き起こるブーイング凄まじさにはびっくりさせられました。

それにしても2点のシュートの鮮やかなこと。ゴール前から跳ね返ってきたボールを一閃した相馬。ボールはゴールポストぎりぎりのところに吸い込まれていきました。昔、ナビスコ杯で岡野が撃ったシュートに似たゴール。でもあれより迫力のあるシュート。

闘莉王も胸で落とした(?)ボールを角度のないところから迷わずシュートしゴール。早い時間に2点目をとって気持ち的には余裕をもって戦えました。残り時間が40分近くもあるわけで、いつ失点するか冷や冷やしながらですが、0-0でも1-0でもない余裕。サッカーの試合恒例の危ないシーンもありました。しかし、一対一の危機にも相手がはずしてくれました。あわやのシーンも何とかボールをかき出したし。そしてどんどん時間は過ぎていく。なぜかアルカディシアの選手は軽い接触?でもばたばた倒れて時間稼ぎしてくれるし(笑。どうしたんでしょうか。狡猾さ、ずるさという中東チームのいやらしさがなかったのが不思議。これも巨大スタジアムに4万人以上集まったサポ効果と思いたい。

それにしても、相変わらずゲルトの選手交替には「?」。今日は栗鼠戦のように、訳が分からんレベルではなかった。とはいえ、頑張り過ぎてヘロヘロになっているエジを使いすぎ。元気なセルを出して、相手の攻撃の芽をつむべきだった。その前に、高原を永井に替えたときにはこれも前線で相手をかき回して、攻撃的守備を選択したのかと思えば、前に出るな指示が出ていたかのように、永井は右サイドで意味なく遊泳しているのみ。何のために入れたんだか。

しかし、都築は余計な1枚もらったよなぁ。2点リードしてありゃないよ。適当に抑えときゃいいのに。ないものねだりですかね。

疲労のエジを発端に食らったカウンター、そのとき萌に詰め寄った都築も怖かった。イエローでなくてよかった(笑 胸倉掴まれかかった萌がエジを指差して責任転嫁(笑)をしたのも笑えた。よほど怖かったんでしょ。萌はそのあとエジに詰め寄ってましたがww

Conv0002 そういえば気になったの白い民族衣装をまとったアルカディシアの某氏は何者なんでしょうか。練習のときにもピッチに入り込み、試合後は倒れこんだ選手に引き起こして歩いてました。オーナーでつか?

そして、試合終了後のWE ARE REDS!コールの凄まじかったこと。サポの気持ちが一体になった試合でした。がちがちに1点を守りに来なかったアルカディシアに感謝。

そういえば、練習時、アルカディシアの選手やスタッフが北ゴル裏をバックにさかんに記念撮影をしていたのが印象的。その北ゴル裏は彼らに襲い掛かったわけで...。良い記念にしてください。

勝たなければいけないという分かりやすい立場に追い込まれたレッズでしたが、こういうときの方がえてして強いレッズ。その意味で次のガンバ戦は不安です。どうにか気合を入れる仕掛けはないですかねぇ。

(ACL決勝リーグ準々決勝第二戦、レッズ2-0アルカディシア、ゴル裏208入口真上、 ジョン ウィリアムズ41,790人、晴、午後7時30分、9月24日、水曜、鹿はアウェイで負けて敗退、ガンバはホームで勝ってレッズと準決勝)

Conv0003

しかし、ガンバホームで9,565人って、どうなのよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧