試合展望

2016年8月16日 (火)

鳥栖を見習わなくては

今日はまだ休みとういことで男子卓球団体戦を横目に、オンデマンドで鳥栖-川崎戦を観戦。

名古屋との試合の帰り道、鳥栖が1点リードしているということで「川崎の攻撃を凌いでなんとか踏ん張ってくれ」と思ったのですが、豈図らんや、後半は鳥栖の怒濤の攻撃が続いていました。

キーパーのファインセーブがなければ追加点ありありの世界。それにしても鳥栖は試合開始後からボールをもった川崎の選手に激しいアーリーアタックを続け、ボールを奪い返してました。中村憲剛には2人がかりで、好きにボールを配給させない。

ボールへの詰めは、中盤の選手だけでなく、ディフェンダーにもそしてキーパーにも厳しく行い、川崎が自分たちのペースでボールを回し、攻撃を仕掛けるシーンをことごとくつぶしていました。
1stステージでの川崎戦で見せた「攻撃的守備」を彷彿とさせる展開。鳥栖の勝利はこの方法が川崎に効くことを再確認せきました。次節、我々も見習わなくてはなりません。

攻撃的守備で川崎を自陣の半分以上に進めさない展開。ボールを失ってからの切り替えの速さ、セカンドボールを拾い続ける鳥栖。終盤は互いに疲れているハズなのに鳥栖の走りは衰えず、川崎を押しこむ怒濤の攻撃は迫力がありました。

残念ながら追加点を奪えませんでしたが、得点の臭いはプンプンしてました。終盤、両サイドをえぐって入り込んでくる攻撃はみものでした。またそうした攻撃が相手のパスカットから始まることも多く、この点も参考になります。

鳥栖は時折ロングボールを蹴って、ディフェンダーの裏を取ってました。川崎のディフェンダーは対応にやや甘さがあるので、ここも付け入る隙がありそう。2連続アシストの西川だけでなく、森脇、陽介、青木、槙野らがそうした思いを持ってくれると嬉しいのですが。

それにしてもやはり中村憲剛、大久保、小林の組み合わせは怖いわ。特に小林は1stステージより成長していて、攻撃時の人使うパスもだせるようになっているようです。鳥栖戦では、この3人が連動したプレーは数こそ少なかったもののペナルティゾーンで彼らをプレーさせることの怖さを再認識。そうならないように中盤で中村をつぶさないといけません。
まだ火曜日ですが、土曜の試合が待ちどうしいです。

※フィッカデンティが瓦斯の監督をしている時から、効果が出るのに時間はかかるけどいい監督だと思ってたんですが、鳥栖でも同様の展開になっているようで。最初、鳥栖と相性は良くないと思ってましたが、あの攻撃的守備を身につけて、もともとある攻撃力がそれと結びつくと(そうなりつつありますが)、いいチームになりそうです。攻撃力はあるものの、脆さもあわせもった鳥栖はかわりつつあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

【試合展望】さぁて、明日からのナビスコ2連戦。 まずは新潟A戦

チケットは先ほど午後10時前に買いました。忘れなくて良かったw

明日は5時出発。スタジアムには10時半ころ到着予定。時間かかりすぎ? いえいえ、各所で同人をピックアップしていきますから。東大宮、浦和、桶川、東松山経由です。

しかし、KOがもう1時間遅ければ、いつものように新潟駅前で、へぎ蕎麦を食べるのにねぇ。ただほとんどの店の開店は11時ころが通常。そこから食べていたら、開門に間に合いません。残念。えっ?開門に間に合わないといけないのかって?それは慣習ですw

ま、今回も、試合後帰れるのに1泊予定。日曜に、へぎ蕎麦、温泉によって帰りますか。

で、メンバーはどうなるんでしょう。中三日で片方がリーグ戦というわけでなく、いずれもナビスコ予選。前節のメンバーが今のベストメンバーとして、それを持ってくるのか。スカウティングどうしてるんですかね。さらに、中3日でまたナビスコ名古屋戦。どう選手を回すやら。

ちなみに甲府の堅守が続くのであれば、FWのチョイスはどちらなんでしょう。ためは興梠、縦からの突っ込みでのシュート力は李。甲府は李の方が良いような。

となると、新潟は興梠?右サイドは司?平川?左は宇賀神として関口はチャンスある? 関根はここぞというところで投入?先発はないですかねぇ。甲府戦当たりでどうでしょう。

ボランチは青木、阿部ちゃんですか。それにしても阿部ちゃん使い続けられて持つんでしょうか。ここは甲府戦は啓太先発の目も。青木が使える目処がついたのは大きいかと。で、気がかりは直輝。何をしているんでしょう。

陽介は出突っ張りですか? DFは槙野、那須、森脇として、中3日で永田や水輝は使わないですかね。各ポジションに複数の選択肢があるのがなんとも嬉しい。

元気のことはおいといて。

で、キーパーは...。怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年4月26日 (土)

【試合展望】第9節 柏A戦 ネルシーニョの罠に嵌る純真なレッズの選手が見えます

明日は久しぶりの日立台でのリーグ戦。もっとも、ちょっと前の平日の夜に柏くんだりまで押っ取り刀でナビスコ戦に行きましたけれど。あの時は最初喜んで、中パッパ、最後はショボーン。もっとも、試合はそれなりに面白かったですよ。

で、明日はレアンドロ1号、2号が諸般の事情で不在のようで、しかもリーグ戦でなかなか勝てないし、Wカップ候補工藤もゴールを決め切らんいやな雰囲気のチーム。ここは馬鹿一代を歌い上げて元気を出したいところですが、それもならず。もっとも、あそこには相性の悪い田中順也がいますからね。

ま、それよりも怖いのは、今一つ迫力のない相手に合わせる弊社の性癖と、罠を仕掛けるのが得意なネルシーニョ。ミラーをしかけられて、キーマンを徹底マークして、前からプレスをかけられたら逝ってしまいそうですw。

ミシャはバルカン出身ですから策士のようでいて熱血漢。「守備練習はしない」という驚天動地な事を続けてきただけあって、相手の策を策で封じる等という諸葛孔明のようなことは出来ないでしょう。

兵卒も純真単純な張飛やくそ真面目な関羽のような性格の方々ばかりですから、策には嵌りやすい。そんな単純さに天を仰ぎながら、愛さずはいられない諸葛孔明の気持ちが私には良く分かります。

さて、明日は、槙野が不在(本人は不在のつもりはないようですが)。水輝が入ると言うのが定説です。まぁ良いんですが、さすがに左サイドの攻撃力は落ちます。ネルシーニョの罠に嵌らないためには何らかのアクセントが必要ですね。トリッキーな動き、天性の勘で隙を突き、相手を混乱させる事が大事です。

そこでやはり、ヤジシンか関根でしょう。正攻法ではない動きがネルシーニョの罠を打ち破るのですよ。たぶん。

ちなみに、柏のガム手貼りは難行苦行のようでした。無慈悲な剥がしといえば西京極。あそこはガム手を貼る場所が公園管理者の管轄下なので、サポの涙ぐましい努力なんかどこ吹く風、無慈悲な曹操のようにガム手を剥がし、サポがまた貼りという無間地獄の様相を呈していました。

柏も有志がガム手を貼り、剥がされ、貼り剥がされと言う攻防戦だったようです。そんな努力をチームスタッフは知っているのかっ! 話が飛びました。無観客試合以降、情緒不安定なもので。サイフもなくしましたし(泣

で、明日の心配は、ゴル裏に入場した後、KOまでの時間どこでどう過ごすか。立ち飲みやのようになるんですかね。良いつまみが欲しいなぁ。

遠征先の名古屋で苦労してチケットを確保した柏戦。勝利を願ってやみません。

試合終了後は柏の店を荒らしますよw

追伸:明日は午後1時のKO 今後夏に向けて、暑い中でのパフォーマンスを占う試合にもなりそうです

/

続きを読む "【試合展望】第9節 柏A戦 ネルシーニョの罠に嵌る純真なレッズの選手が見えます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月13日 (土)

【試合展望】第16節 川崎戦 危険な布陣を見たい私と、そうではない私の葛藤w

Conv0007

さぁ今日は、川崎戦。暑い中の中2日の試合。勘弁。

で、啓太がいません。

さぁどうする。

●結論:陽介下げて、丸塩シャドー先発。

ミシャも明言したらしい。もういうことはありません。つまらん。
そこで代案。先発が発表されるまでは考えるのは自由です。

●案その1:暢久ボランチ いひひ

私の願望。でも攻めの展開がまったりし、気付いたらアボーンな失態が目に浮かびます。でも、それで負けるならそれでもいい。暢久と心中したい私の選択。

●案その2:暢久ボランチ、CBみっちゃん

できるもんならやってみろという布陣。ダブルミスプレーが見られハラハラどきどき。これで負けたら、笑うしかない。でも2人ともミスしても平然としているという、ある意味サポを挑発する組合わせ。しかも2人ともガムをかみ続けるので怒り爆発(しない)。

●案その3:俺たちの那須ボランチ CBみっちゃん

ま、みっちゃんのリハビリ対策。意外にあり得る。でも、怖いよぉ。

●案その4:俺たちの那須右 CBみっちゃん

これは、前節絶不調だった森脇をいぢめる策。最近うざくなくなった森脇は反省してシベリアで訓練を積むべきという意味です。怖いのはやはりみっちゃん。

これ以上は、妄想が激しくなるので書きませんが、途中交代で、ボランチ秀仁を希望。そのためには、前半に3点くらい取って下さい。よろしく。

 

そうそう、大久保を誰が脅すのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

【試合展望】踏ん張りところの試合 ここは一つ暢久をw 第30節桜H戦

このところ、見てて分かるように、プレーが窮屈、思うようにボールを運べないレッズです。中盤が自由に動けず、プレッシャーをかけられるとバックスのバタバタぶりが際立ってきます。この夏頃には見られなかった軽い失点が目立つようになっているのは、中盤がやられているということ。

どうも、選手の蓄積疲労はかなり来ているようで。阿部ちゃんにいたってはオフなし状態でフル回転。前節の仙台戦終了時、ピッチに大の字になって横たわった阿部ちゃんが印象的です。

そんな中、充、平川が怪我、陽介も蓄積疲労とのこと。さらには槙野もやばい気配。

どうなるんですかね。セレッソは最近好調のようですから、危機感はたっぷり。

充→水輝、平川→宇賀神、槙野→阿部、陽介→司、司→元気ですか?

ここは、固定的になっていたチームを変えるのもいいかもしれません。どうせなら暢久はいかが?どうせやられる時はやられるんですからw

明日、今年初めて脚の勝利を祈ります。はい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

【試合展望】リベンジ! 第29節仙台A戦

何がリベンジ?ナビスコは勝ち、リーグ戦ホームは引き分け。
でも、分かりますよね。あんなチームは許せん。

で、明日は4時半に家を出て、各所を巡って仙台へ。翌日は福島漫遊の予定。勝たなければ、勝ちたい。

明日は先発メンバーにやや変動がありそうですが、教徒が増えることを期待してます。仙台がどうでてくるのか、レッズがどうでるのか、いろいろ悩ましいですが、「様子を見る」は止めましょう。仙台の守備もみどころですな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

【試合展望】フラグに負けるなよ 第28節札幌H戦

試合が近づくにつれやや緊張が。

そう、僕らのレッズは「やらかし」常習犯ですから。

フラグも立ち始めてます。

まずは先週29日。川崎フロンターレ戦で降格が決定。しかも、試合終了時、降格になることを首脳陣もしばらく分からないでいたという悲劇。そしてその試合で負傷したFW上原慎也が10月2日に手術をし、全治4か月の診断。さらに、今日、正式に石崎 信弘 監督が退任。次々と悲劇が襲います。そんな札幌に優しいレッズの選手は...w

ま、さすがにガンバでの惨敗の記憶が新しいだけに、気が緩んだり、余計なことを考えてる暇はないはず。私も緊張しているんですから大丈夫でしょう。変に相手の様子を見て苦手な受け身になることはないはず。

が、しかし、積極的に出たのに裏を取られて、アボーンな失点、後は引きこもりにあって、ウギャーンなんて心配が脳裏を駆け巡ります。

ま、明日はそんな失敗を吹き飛ばしてくれるはずです。きっと。

それとは別に、気になるのは元気の処遇。先発はポポなのか、元気なのか。前節のパフォーマンスの悪さと交代時のあばれっぷりはさすがに問題でしょう。チームへの謝罪と今週の練習でのパフォーマンスをミシャがどう評価したのか。ある意味怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

【試合展望】レアンドロ、ワグネルを誰が押さえるか、押さえきるか 第27節柏A戦

明日は負けられない試合。ま、ここまで来ると、どの試合も負けられないわけで。上と離れないために、下から忍び寄ってくる五月蠅い奴らをはねのけるために、負けるわけには行きません。

昨年、柏とのアウェイ試合でぼこぼこにされたことを思い出します。さらに明日はNHKがBSで中継。フラグは立ってます。でも、私は、マリッチの国立とヴェルディ相手に7点とった国立を覚えています。平川はあのときもシュートを決めた後、転んでたw

さて、怖いワグネルとレアンドロ。ここをどう押さえるかが課題。というのに、俺たちの啓太はお休み。酒井宏樹が抜けて、レアンドロ側(右)からの攻撃が今一つらしいですが、左のワグネルは健在。これを啓太が押さえると思ったら、いないなんて。

危機察知能力には異様な力をもつ啓太は牧羊犬のように相手の攻撃の芽を摘んでいたのにねぇ。で、噂によれば陽介をボランチに下げて、その任を司に、空いた左サイドに宇賀神を入れるらしいですね。まぁ、ミシャ的にはそうなんでしょう。秀仁が啓太の場所に入ってきてもいいんでしょうが、栗鼠戦でのパフォーマンスの悪さから、ミシャにはその気はないようで。

確かに、栗鼠戦の翌日、大原での栃木とのTMでも秀仁は精彩を欠き、守備から攻撃の起点になるどころか、パスミス連発で、相手の攻撃の起点になっていたのは事実。その後もミシャの目は厳しいようです。ちなみにこの日、水輝も今一つの出来。次世代を背負うこの2人、今は辛い時期のようです。

であれば、啓太のところに暢久! 軽いプレーに見えながら、ワグネルをあざ笑うような暢久の高度なプレーを見たい! なんて妄想は実現しないんだろうなぁ。

さて、現実に帰りましょう。ワグネルの面倒は陽介が見るんでしょうが、啓太のようなプレーは期待出来ません。攻撃的な陽介が、その攻撃力でワグネルの攻撃力を封殺してくれることを祈ります。

とはいえ、怖いのはレアンドロ、ワグネルだけではありません。FWの工藤と澤にも注意。前節、テクニックのない藤春をバカにしてたら、2点目のアシストをされてしまいました。だれもバカにしてはいけませんよ。

で、大黒摩季はこないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

【試合展望】気を許せない試合。徹底的にガンバの攻撃を封じろ 第25節ガンバH戦

さぁ、いよいよ今日はガンバ戦。低迷しているとは言え、レアンドロ、岩下を補強したガンバ。守備力は色々言われるものの、攻撃力は侮れないチーム。

もっとも、今現在、私は侮ってません。私が侮っている時は得てして、選手もなぜかきが緩む。ということは、選手は大丈夫w

後は、レアンドロとパウリーニョにミドルをぶち込まれないようにしてください。怖いのは崩されての失点より、出会い頭やミドルのシュート。そこさえ押さえて、先制点を取れれば、まずは大丈夫なはずです。

と言う意味で入り方が大事。前節のようなことが起きないことを祈ります。逆に先制点さえ取れれば、あとはうまくガンバを料理出来るはず。

明日、加持が復帰すれば、司と対峙するわけですが、そうなると岩下がCBに入ります。本来の想定ポジションながら、ある意味不慣れであるのも事実。この辺をうまくつけないですかね。

上位に食い込むためにも、負けられないし、下から迫ってくるジュビロ、(広島と戦う)名古屋に追いつかれないためにも、この試合は落とせません。

ともかく気を許さず、勝たねばなりませぬ。やはりここは暢久がw

では、後刻、埼スタでお会いしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

【試合展望】第25節鞠戦 今こそ雪辱し、勝ち試合を積み重ねよう

弊チームに勝ってからというもの、調子こいてたマリノス。ただ、ここんとこは2連敗、3試合勝ちなしで10位。とはいえ、勝ち点差は7。決して挽回されない距離ではありません。ここは、ぶっつぶさないと行けません。そしてACLの夢を絶つ。それが明日の試合の持つ意味です。前回の試合のような展開は避けなくてはなり

第9節、雨ながら4万4000人を集めた5月3日のホームでの試合、斎藤に決められ、槙野が同点にしたものの、その直後に交替して入ったばかりのマルキにやられた苦い記憶。

明日も斎藤とマルキはうざいでしょうね。気をつけましょう。

試合展開の過程で、守備的に入られたとき、それをどう崩すかが最大の課題になりそうです。もちろん先制点、追加点と理想的な展開になればそんな心配はしないで済みますが、そうでないとき、どうするのか。

真面目なレッズの選手はチームプレーで崩そうとするんでしょうが、天皇杯の時のポポのように個人技で崩すのも一手ですよ。

さらに、両サイドから崩すときも平川、宇賀神だけでなく、槙野、阿部ちゃんが絡んで数的優位を作って攻めてね。お願いします。

日本一大きいけれど、日本一見にくいスタジアムに行くのがやや憂鬱ですが、勝ち点を3つもって帰りましょう。仙台、広島の対決は気にせずに、一つひとつ勝ち試合を積み上げて欲しいもんです。さて、勝って、どこで飲むか、悩ましいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧