チケット

2014年9月15日 (月)

【参戦記】ナビスコカップ準々決勝第2節H戦 レッズ2-2広島 ナビスコ終戦。広島にうまく立ち回られてしもうた

Conv0001

天皇杯に続き、もう一冠が掌から滑り落ちていきました。総得点は同じながらアウェイゴール数で敗退。今年は3冠もあり得るかとの思いは、見事に打ち砕かれてしまいました。

先制点を阿部ちゃんが押し込んだまでは良かったものの、わずか4分後に野津田にミドルを撃たれて失点。どうも、ミドル撃ちには弱いねぇ。瓦斯戦では武藤にもやられたし。まぁ、相手がうまいということもありますが、自分達がやらないことには警戒心も薄れるんですかねw

それと気になるのが、点をとっても10分以内に失点するケースが増えてきたこと。なぜか、得点後にばたばたして落ち着かないプレーが起こるのが不思議。

さて、後半すぐに、今度は寿人に逆転弾をくらう。これで2点取らなくては負けという窮地に。アウェイゴール数はやっかいです。

それでも、71分槙野が得点すると、残り時間も十分あっただけに、大いに盛り上がりましたが、最後の最後のゴール前のチャンスも得点ならず、ジエンド。広島の守備が崩れ始める中、関根、丸塩投入など、行けると思わせる雰囲気はタップリだったんですが...。

もっとも、レッズの攻撃も単調なのが否めませんでした。さらにアディショナルタイムが思ったより短く、残尿感のある終わり方だったのも悔しい限り。どうもこの日の主審の今村とは相性が悪い。試合中のぶれるジャッジに選手もサポもいらいらさせられた印象の強い試合でした。

Conv0002

広島は終始うまく立ち回った感。特に同点にしてからはうまくかわされた感じ。一方のレッズは試合運びがどうも若い。試合の進め方のしたたかさにおいて広島が一枚うわてでした。

ちなみに、ハーフタイムで先発の司に替えて李を投入。これまで、嵌らない李をなぜ入れるという思いが、高まりました。李を我慢して使い続けるのは、開花を待っての事なんでしょうが、本当にいつ開花するやら。

ナビスコ準々決勝 第2節H戦 レッズ2-2広島、9月7日、日曜、今村義朗、ゴル裏、1,7645人、晴、KO 18:00)

Conv0005

・試合後、水曜日と同じく、浦和の蕎麦屋で反省会。あえて試合内容に触れず与太話ばかりの親父4人。タップリ傷をなめ合いました。

続きを読む "【参戦記】ナビスコカップ準々決勝第2節H戦 レッズ2-2広島 ナビスコ終戦。広島にうまく立ち回られてしもうた "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

【参戦記】引き分けでも楽しい試合 第33節川崎A戦1-1

Conv0003

とにかく集中出来た最後30分間。次々と繰り出されるチャントとコール。エスクデロの電光石火のシュートに狂喜乱舞。引き分けであろうと、そして試合開始1分未満での失点をしようと、全力をかけて点を取りに行く選手と一体となって攻撃・サポ出来れば満足。成長を続ける峻希と岡本のプレー、暢久とツボの老練なプレー、前へ前へと動く萌、電光石火のシュートを決め、さらには2人のデフェンダーを引きずり回して前へ進むセル、こんなプレーを堪能できれば不満足なはずはない。

ま、時間がたって今となってみれば、もう一点欲しかったという欲が出て来たりしてますが、現地にいた時にはそんな事は露ほども思わなかった。テレビで見ていてはこの満足感は体験できないだろうなぁ。

Conv0001

試合開始直後、「なんかぬるいなぁ」と寄せの甘さを感じたその直後に呆然の失点。その失点の心理的な要因もあるのか前半、選手がぴりっとしない。寄せ詰めも甘いまま、と言うか逆に早めに詰められてボールがつながらない。こうなると峻希、浜田のサイドをえぐる突進力はなかなか発揮できず。怪我からの復帰後やや精彩を欠く上に中村憲剛とマッチアップせねえばならない柏木と、攻めの起点となるプレーが比較的少ない堀之内というボランチコンビもなかなか攻撃の推進力とならない。

川崎もいつもの迫力はないものの、いつ点を取られてもおかしくない状況。事実、危ないシーンが何度も。2点目を取られたら前半のプレーを見る限り、ジ・エンドだといういやな確信に満ちたでした。

そんな手詰まり感と不安に満ち満ちていた前半、あんな後半がやってくることなんて想像もつきませんでした。

Conv0002

後半、萌が堀之内に替わり、ハーフタイムに監督に何を言われたのか、チームががらっと変わる。寄せ詰めが良くなりボールを保持出来るようになり、面白いように攻め続ける。峻希、岡本が絡むサイド攻撃が繰り返され、さらに攻撃のバリエーションも増えてくる。時間とともに川崎の動きが鈍くなっていき、さらに攻撃のチャンスが増えてくる。もっとも、殴り合い的シーンもありましたが..。

そうなればサポもノリノリ。連続するコール、チャントも何のその。楽しい時間を味わえました。ちなみに得点した後、のセルがはしゃぎまくらず、比較的平静だったのにはびっくりしました。成長したのか?しかし、後半、峻希に代えて啓太の選手交替の意図はなんだったのだろ。

さて、残るはホーム最終戦。必死にならざるを得ない神戸が相手でやりにくいとはいえ、昨日の後半のようなプレーをまたみたいもんです。

閑話休題

この日の主審、飯田淳平って何者?暢久がボールにいったプレーにイエローを出し、ペナルティエリア内のジュニーニョのハンドを見逃し、さらに悪質なジュニーニョのハンドをファウルにしたものの、イエローを出さず。おかげで、暢久が最終節に出られないじゃないか。嗚呼

調べて見ると81年生まれの29歳。「レフェリーカレッジ」第一期生。同期にあの佐藤隆治がいる。07年からJ2で笛を吹いている。J2時代は最年少レフリーだった模様。J1は昨年から今年の9月25日、大宮アルディージャ対FC東京戦で大宮のゴールポストを叩いてゴールに入ったシュートをゴールと認定しなかったらしい。

昨年の名古屋、神戸戦では神戸の茂木にだまされて?神戸にPKを与えているとの話もある.。他にもPK山形、仙台戦でもPK絡みで微妙な判定しているし、他にもそのジャッジをぼろくそにけなしているブログもある。

その一方、高い評価している人もいる。選手でもセレッソの播戸はそのジャッジに敬意を表して、試合後握手にいったらしい。審判に握手を求めたのは2度目だそうだ。1度目の審判は、あの岡田! なんじゃい。ま、今後注意して見ておく必要のある審判のようです。

追伸.
この日は天皇杯準々決勝のチケット販売日。地元でチケットを買ってると開門には間に合わず、さりとて等々力周辺ではロッピの1番目並ぶのは難しい。ということで仲間と分担してレッズサポと瓦斯サポのいなそうなローソンを探索。チケット購入後開門に間に合う立地も大事。ということで私は西大井、お仲間は目黒のローソンで無事1番目のポジションを確保。それでも、目黒ではゴル裏のチケットを買えず。なかなか回線につながらずつながったら予定数終了してたそうです。結局、西大井側で確保したチケットで何とかチケット難民にならずにすみました。まぁ、エコパは慌てる必要はないですが、国立のチケットは買っておくかな。決勝進出が決まってからでは、相当苦労しそうですから。

第33節、川崎1-1レッズ、ゴル裏、飯田淳平 19,411人、晴、午後2時4分、11月27日、土曜、9位)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

【チケット】瞬殺@ロッピ 山形戦

ロッピの前に1番で陣取ったまではよいものの、十数秒で瞬殺。
バック南やホーム側もお亡くなり。
何枚用意されてたんだか。

ふと、思いついてFMに行ったらあまってましたね。流石にゴル裏はなかったですが。
それでも救いの手を差し伸べていただいて、なんとか山形にはゴル裏参戦できそうです。

そういえば、山形にFMが多かったよなぁ。ん?新潟だっけ?

ケータイも繋がったようで。

一応、新潟戦チケットも買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

【チケット】久しぶりの並び-鹿島チケット

シーチケがまだ届かないのに(泣 、鹿島、開幕戦チケット販売がやってきました。

プレリザーブでは当然のごとく撃沈。このところ3連敗のプレリザーブ。そろそろ当たる気がしなくなってきました。チケットぴあのマイページには、「落選」の文字が並んで表示されており、不快なこと極まりない。

さて、プレリザーブにあたった強運なマイミクの放出チケットの争奪戦にもタッチの差で敗退。オフシーズン、mixiをほとんど見なくなっている自分に反省。

ということで、久しぶりに激戦チケット購入を一般販売で臨むことになりました。昨年の山形、千葉戦以来の緊張感(笑)。

で、金曜の夜。どうチケット奪取に行くか悶々と悩む(大げさな)。

プレイガイド系は近所にないし、ネットでの購入はいつも繋がらず敗戦するので、基本は店舗での購入。で、どこへ?
昨年、FMに行くという奇手で、楽々チケットをとれたので、そちらにも触手が動く。

結局、結論はケータイを握り締めながら、赤いロッピの前に立つという平凡なものに。
参戦時間は9時半と決定。個人的には最も早い参戦。過去、20分前に参戦して先頭に並べなかった反省から10分前倒し。

当日、近所のロッピにクルマで乗りつける。歩いてもいける店ですが、先に並んでいる人がいる場合、他の店に素早く移動する必要があり、クルマは必須。

よし!ロッピの前に、人影なし。無事ロッピの前に先頭で場所を確保。暇なので、申し込み画面へのアプローチをシミュレーション、ケータイでもぴあの申し込み画面へのアクセスをテスト。さらにぴあの会員IDとパスを確認。

9時40分、後ろにおじいさんと若い女性が並ぶ。両者ともレッズサポには見えない。今日は何のチケット発売日なのか。

そして、あっという間に10時が来る。店内に流される時報とともにアクセス。

しかし、画面は非情にも「混雑でつながりません」表示。早速、リロードをかけつつ、ケータイへのアクセスを始める。同時にロッピ画面では、何度か再表示。もうダメかと思った5度目の再表示。繋がりました!結局、ある意味あっけなくゴル裏チケットを入手。

赤ロッピのおかげでしょう。アクセスはやはり快適です。回線混雑による輻輳でアクセスできず、ようやく繋がったらチケットは完売ということにはならずにすみました。

後ろのおじいちゃんはレッズサポでした。確保した引き換え券を手に、ケータイで購入・非購入を相談している。結局買ったようです。乗り付けた軽自動車にはレッズのフラッグが。その後ろにいた女性は別口。

ちなみに、今年のチケット、すでにセレッソ戦はセレッソのHPで購入済み。ナビスコジュビロ戦、清水戦もオフィシャル経由eプラスで購入。いずれもFMで引き換え済みです。

さぁ、次は山形戦だ(笑 

より大きな地図で 10年レッズ情報 を表示


より大きな地図で 10年レッズ情報 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)