ムアントン戦

2013年5月 3日 (金)

【観戦記】ACL予選第6戦 ムアントンA戦0-1 勝ったものの、無念な試合。崩れ落ちるオヤジ達

残念ながら、今年のACLは3位で予選敗退してしまいました。最後の試合であるアウェイでのムアントン戦は勝利したものの、広州と全北の試合が引き分けになりジエンド。全北の負けが予算通過の条件だっただけに、全北アウエィ戦のアディショナルタイムで同点にされた失点が悔やまれます。

戦前、浦和のホイスにオヤジ3人と息子1人。これに飛び入りオヤジが1人集まったと思って下さい。巨人戦をTVで流れている中、スタメンの予想をしつつ、前哨戦。おおかたの関口トップ下予想に対し、「ヤジシン」と言って却下された私ですが、実は正解でした。

それ以外では、怪我で先発出来ない槙野に代わり、ツボ右、森脇左の布陣。累積警告で欠場した啓太の穴は陽介が下がって埋める布陣。ヤジシンの先発予想とともに私は暢久の先発予想もしましたが、これはヤジシン以上に不評。他のオヤジにすぐ却下されました。暑さに弱い暢久が出る訳もなしとのおしかりを受けました。ごもっともで。

試合は、レッズの慎重な入りで始まりました。無理押しせず、守備を意識した展開。清水戦、広州戦でやられた裏とりのロングボールを教訓にしてのことなんでしょう。ですがその分、今年の浦和らしい圧力がかからず、0-0で前半終了。

それにしても、広島時代、攻撃サッカーという自分のスタイルを崩さなかったミシャが、さすがに浦和に来ると、守備を意識した戦術を組むんですね。リーグ戦でも、練習でも守備に気を配るというのは広島時代ではあり得ない姿。

とはいえ、失点をしないための隠忍自重型の試合は見てる方はやきもき感十分。そんなやきもき度がかなり高まった48分。那須の見事なダイビングシュートがでました。泣きました。

ただ、その後も、リスクを避けた展開で、追加点はならず。ネットで広州と全北の試合をウォッチしていたお仲間の、「引き分けです」の言葉にオヤジ達は一斉に崩れ落ちたのでしたorz

それにしても、思ったより苦労した試合。負けないために耐えた試合でした。なのに広州と全北は図ったかのような互助会引き分け。まぁ、お互い無理はせずになるのは見えてたんですが。

それにしても、悔しい。勝って、柏と3連戦したかったのにw

ACL予選第6戦、ムアントン0-1レッズ、TV観戦、ハッサン・モハメド、7348人、晴、午後7時:日本時間午後9時、5月1日、水曜、3位で予選敗退)

・ヤジシンのプレーはやはり何かを感じさせますなぁ。ワクワクします。縦の動きで魅せる元気と、コンパクトに前後左右に動き回るヤジシンは好対照ながら、どちらも魅力的です。
・ムアントン戦には1200人が参戦との話がありましたが、どうだったんでしょう。声は良く聞こえてました。参戦された皆様、ご苦労様でした。

・今日(5月3日)、栗鼠が大分に勝ち、6連勝で首位キープ。鞠はホームで鹿島に1点差で負けていたのにロスタイムに追いついて引き分け。暫定3位のレッズの下には鹿島、桜と続きます。桜は、俺たちの柿谷が2得点し、0-3で湘南に勝利。待ってろよ柿谷。6日はぼこぼこにしてやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

【参戦記】ACL予選第2戦ムアントンH戦4-1
大勝ながらなぜかふわふわした試合

Conv0001_6

不思議なふわふわした試合。試合開始後から試合をコントロールし、先制点の期待が高まる中、丸塩のCKから、8分、柏木がボーれーシュートで得点。と言えば、理想的な展開のように見えるものの、シュートは陽介も認めていたようにダフったシュート。いったんピッチにぶつかったボールが跳ねて、相手キーパーの上を越えてゴール。嬉し恥ずかしの先制点。
その後も相手陣営で試合を展開するだけでなく、前半29分に2枚目のイエローをもらったブンタオが退場。10人相手の試合になるものの前半の得点はこれのみ。

Conv0002_3

早く追加点を取らないと出会い頭の失点を食らうおそれもある中、なかなか点が取れません。結局、追加点は65分に関口が左サイドから決めるのですが、これもなんか中途半端なシュート。本人はクロスを上げたつもりが、ゴール右隅を決めるシュートになったもよう。これも嬉し恥ずかしの得点。
とはいえ、7人で守るムアントンを攻めにくいのは事実。それでも、ドリブル力のある元気や、司、さらには阪野を投入。これが功を奏したのか、平川からのクロスに元気が69分に見事なヘッドで追加点。さらにチャンスが続く。オフサイドに引っかかるプレーもありながら、最後は、元気が抜け出して、シュートを決めるシーン、かと思ったら、なんと元気が阪野にパス。ところがそのパスが阪野に渡らず、相手選手がオウンゴール(78分)。これも変な得点。
ただ、時間が経過し、得点を重ねるうちに、ボールを受けても、パスの出し先に迷うシーンが増えてくる。かつてのレッズを彷彿とさせるいやな展開。
そして、最後の最後、カウンターをくらって、ロングシュートを決められ失点(90分)。余計な失点でした。順大とバックスの油断ですか。
この失点のおかげで、素直に勝利を喜べる雰囲気似ならず残念至極。

Conv0003_4

まぁ、4-1ですから文句は言えないですが、広州恒大で3点失点してますから。いくら総得失点差はあまり意味がないレギュレーションとはいえ、トータルでプラスの得失点になるところが結局0になったのはもったいない。
試合後の選手も手放しで喜ぶ表情ではなし。ゴル裏も長い「協議」wの末、勝利の歌は歌わず。もう一度気分を引き締めるにはちょうど良いかと。

Conv0004_3

・ターンオーバーを標榜していたミシャは、その言葉通り、司、宇賀神、元気、啓太を先発から外し、平川、関口、丸塩、那須を先発させます。慣れの問題はあるものの、個々のプレーは遜色なし。いや、頼りがいがあります。また興梠を下げて、阪野が入っても、それはそれで、魅力的。週末の大分戦も気になりません。
・後半、早い時間に完全フリーの那須がヘッドをし損じる。ありゃ入れないとw
・後は興梠が点を取るのが課題。興梠が途中交代するときのサポからの盛大な拍手。評価はされてるけど、得点は見たい。興梠も辛いところ。焦らずに頼みます。
・試合後、ムアントンのゴル裏から「浦和」コール。ありがたいことで。ただ、、誉め殺しは怖い。このムアントン、全北現代のホームで引き分けます。次回のムアントンのホーム戦は気をつけたいところ。
・ところでレッズに勝った広州恒大はこの日、アウェイで全北現代と引き分けるという混戦模様。乱暴ものの全北現代との2連戦の重みが増してきました。
・ちなみに試合後のインタビューで陽介と関口が「ホームで負けないよ」的発言を連発。ゴル裏で凍り付いた人々多数でしたが、ま、あれだけ連発してしまえば、呪いも吹っ切れるでしょう。そういうことにしときます。
・この日関口と那須が公式戦初先発。関口には鬼畜のパスが多かったです(やや出足の悪さも気にはなりましたが)。那須はさすがの絶妙なプレーを展開。味わいがあります。
・柏木は、ACL初戦から微妙に調子が悪そう。この日は得点を決めましたが、パスの精度や今一つ。献身的な走りがあるのでチームに貢献してますが、早く本調子になって欲しいす。
・関口のゴールの前に高禄があわやゴールのシュート。ボールはポストにあたり外れたものの、その前にオフサイド。うーん、惜しかった。
・順大はなぜ、バタバタなGKするんだろか。時々見せる軽率なプレーがやや木にかかる。
・7時半KOながら試合後、タクシーで浦和に思いの外早くたどり着け、いつものホイス酒場へ4人で乗り込むw タクシーは4か月前にも乗った運転手。空いていたのと選んだ道の良さもあり3200円しかかからず。ホイスを飲みながらオヤジの夜は更けていきましたとさ。

Conv0005_2

ACL予選第2試合、レッズ4-1ムアントン、北ゴル裏、Benjamin Williams、 23,246人、晴、午後7時30分、3月12日、火曜、Fグループ2位)

| | コメント (0) | トラックバック (0)