その他

2011年2月19日 (土)

【観戦記】狙いはわかるがムズイなぁ。 PSM 鳥栖A戦2-1

C360_20110213_152455_org

もう明日は栗鼠とのPSM。今のうちに書くべきものを書いて置かないと宿便のように記事の亡霊だけがたまりまくるので、慌てて書いてます。

今年最初のPSM。シーズン開幕に備え、遠征費を貯め込んでおかなければならない、この時期。開幕戦は神戸だし、第3節は山形だし、さすがに鳥栖で行われる試合には行けない。

1297568267590

ということで、日頃不善を為しているオヤジ4人と妙齢の美女2人と、某浦和丸で宴会観戦に臨みました。集合時間は午後1時。向かいにある某力では、店がまだ開いておらず、赤いものをたくさん身にまとった狂信的なサポが行列を作って開店を待っています。

それを横目に赤いものをたくさんはつけていないオヤジとお嬢様方が三々五々集まって参ります。試合開始は2時。それまでレッズ談義をしながらお酒をたしなむ面々。試合開始前にできあがっている人はいませんでした。断じて。

で、試合開始。
東海大学とのTMをベースに妄想した先発予想と違ったのはマゾのベンチ外とかわりに入った原口、青山のボランチ起用。青山が入ったため暢久がCBにスライドし、堤がベンチスタート。マゾと並んで、直輝もベンチ外だったのもやや意外。2人とも翌日の京都とのTMには出てましたが。

C360_20110213_164137_org

で、感じたのはやはり、昨年と(当然ながら)戦術は違うのねということ。サイドチェンジを交えながら両サイドから攻撃を仕掛けていくのが基本のようで。これは東海大の時と同じ。ただ、右サイドの達也、平川組はゴール前に肉薄するプレーを見せるものの、左の元気、ウガの攻撃が今一つ。マゾが相手選手を蹴散らし、かわして敵陣深くまで進入して行き成果を上げていたのに、元気はお得意の中央への切れ込みを敢行するものの、途中でつぶされる結果に。

また、ボランチとこれら両サイドの攻撃陣がうまく噛み合わず、また両サイド同士が最後のフィニッシュのところで噛み合わない。3つのチームが別々に動いている印象。さらに中盤ではセカンドボールを鳥栖に奪われることが多く、またボールを持っていても鳥栖の早い寄せのおかげで、前を向いたプレーが少なく、試合全体に押し込まれ続ける。

トップにいるエジは、(いつものように)守備意識の高さのせいか、ボールをもらいに行きたいのか知りませんが、どんどん下がってくるので、両サイドの攻撃との絡みがあまりない。元気も去年より守備意識が高く、ボールにガツガツ行くのはいいのだけれど、どんどん下がって来てしまう。キレキレで、前へ前へと相手陣営を切り裂いていく達也とは好対照。

結局、セットプレーから暢久お得意のポカプレーで、フリーにさせた豊田に試合開始早々に先制点を決められ、67分には左サイド奥深くからゴール前にボールを戻され、フリーになった野田にきれいにゴールを決められちゃいました。

70分以降交替で入ったセル、スピラ、原はいずれも良いプレーはしましたが、得点はできず。2-1で試合終了。狙いはわかったけど、チームとしての完成度の低さが目立った試合でした。ん~、むずい。

しかし、ロングボールが多くなったよなぁ。ボランチの動き方がずいぶん変わりそうですが、どうなるんでしょ。先発の青山はミドルシュートを撃ちに行くなど積極的なところを見せてました。その後、完成度を高める練習を続けているらしいので、明日の試合、その片鱗を見せて欲しいと節に思うのであります。

C360_20110213_164741_org

で、試合終了後、べろべろになっていたオヤジはいませんでした。断じて。妙齢の婦人2人とお別れして、2次合宿に向かったオヤジ4人でした。

PSM、鳥栖2-1レッズ浦和丸ゴル裏前田拓哉、7,575人、晴時々曇、午後2時3分、2月13日、日曜)

より大きな地図で 11年遠征記 を表示

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月21日 (水)

嗚呼 石川よ 貴子よ

なんてついてないんだ。もっと早く代表に呼ばれても良いはずの選手ながら、怪我がちで選ばれず。ようやく28歳にして代表に呼ばれ、来年こそはと思っていた矢先。前節の怪我で完治に1ヶ月かかるようです。となれば今季の復帰はまず絶望。チームも良い位置につけているだけに残念だろうなぁ。オフの間にしっかり回復させて、来年は開幕から元気な姿で出てきて欲しいもんです。

レッズ以外のチームの選手を好きになることはあまりいないのですが、石川だけは別。遠くから見守ってましたw 石川を間近で見るために、埼スタのR指定を苦労してとったこともありました。目の前のサイドを走る石川をニヤニヤしながら眺めたもんです。

そして、そんな直宏の話しが出た今日、常盤貴子が結婚。あ~。数少ない好きな女優。もっとも、演技力で好きなわけではないんで(そういう女優さんはまた別にいます)、タイプということでしょうか。あのややバランスの崩れた顔とやや蓮っ葉な感じの性格に魅かれます。もっとバランスの悪い田中麗奈にも魅かれるんで、そこに何か共通項があるんでしょうね。何の深層心理なのか。ネコ好き?

ともかく頑張れ、直宏!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 8日 (水)

幕末古写真のレッズ

ネット上にある写真ジェネレイター。
その名も「幕末古写真ジェネレイター」。
ま、写真を古く見せるだけですが。

そこで大分戦のブログで載せた写真を変換。こんな感じね。
Oldphoto












では、もう一枚
Oldphoto3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

【雑談】チケット入手に精力と金を使い果たして

今日は恐怖のチケット争奪&回収日。

ACL万博とリーグ戦万博の一般販売。シーチケ保有者特典のACL準決勝チケット優先販売です。いろいろと忙しい。とくに最後はぴあ窓口に足を運ばないといけないし。

皆様、このブログを読まれているころには結果が出てるんでしょうね。

そういえば、クルマの保険がもうすぐ切れるんだった。今日中に契約しないと。

一般販売の前のローチケやぴあのプレリザーブをWeb やケータイで申し込んだものの、すべて落選。くじ運まったくありませんな。栗鼠戦も落としたし..。唯一、争奪戦に勝利できたのはフクアリチケット。電車で移動中のケータイで挑戦したチケットぴあでした。平日&ケータイだったのが救われたんですかね。

最後の争奪戦ですが、余計なチケットも買ってしまいました。11月1日のナビスコの決勝戦。大分、清水戦。で2日はレディースの試合、3日は駒場で天皇杯。あ~、こんなに試合に行ったら妻に首絞められます。

それから最大の出費はCWCのM1、M2、準決勝、決勝のチケット。極力カテ4狙いでしたが、そうも行かず、どーんとお金が出て行きます。チケット暴走族。大丈夫だろうねレッズさん。もっとも、高額なチケットを購入して鹿の試合を見るはめにだけはならなかったので、それだけは一安心。

しかし、私の財布はもうスッカラカン。だいたい万博遠征2回、新潟、札幌、名古屋がまだ残ってるorz 金が足りん。どうしよう。

ともかく、今日の10時で今年のチケット争奪はひと段落。後は天皇杯ですな。ん?駒場で負けるなよ。あっ!勝ったら四国行きだorz

P.S. 当日の一般販売も玉砕しました。とりあえず自力更生できませんでした。とほほ。ACLの優先販売だけ買えました。自動車保険はネットで契約できるチューリッヒに。安いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

お盆に向けて さぁ戦いが始まる

もうすぐお盆。

行けるかどうか微妙だったガンバ戦も妻の説得に成功し、参戦出来ます。

妻は金曜の夜に実家へ直行。私は、土曜の柏戦に参戦し、日曜に妻の実家へ息子と2人で向かい、月曜は妻の親戚の集中する日立へ移動し、火曜に帰宅。翌水曜は大阪でガンバ戦、木曜は京都に寄って帰京。金曜は仕事で、日曜は国立の甲府戦へ。う~、忙しそう。

しかし、仕事の忙しさにかまけているうちに、酒井は移籍しちゃうし、細貝の名前が「もえ」になっちゃうし、順大の名前が消えちゃうしシトンは帰国しちゃうし海豚が赤羽まで迷い込んでくるし、困ったもんだ。

 シトン、本当は出産なんですよね。あっ、シトンじゃなくて奥さんね。家族を大切にするのは仕方ないけど、立て続けの帰国はいかがなもんでしょう。

そういう意味でクリスマスも実家にかえらないポンテは異色です。奥さんと日本にいるんだからいいようなものの、親元に帰らないのは気になる。仲が悪いのかなぁ。毎年家族をダシにして帰国しちゃう闘莉王と好対照。天皇杯で頑張ったらボーナスもっと上げてください(気が早いか)。

そういえば細貝や加藤の名前を間違えた栗鼠チームの泣くスタジアムのこけら落としとなる試合が11月11日と近づいていますが、早く、あちらの世界に行ってください。そうすれば心おきなく新スタジアムに観戦に行ってあげます。しかし、監督の願いのFWが取れないからって、何も首にしなくてもいいと思うんですが。強化部長が監督となる後半戦の迷走が楽しみです。

さて、猛暑の中、暢久ウォッチャーとしては、土曜の試合は期待はしてません(キッパリ)。が、「今度は最初から頑張る」発言をしたんだから、前半ぐらい頑張ってくれよ~。後は平川か、夏でも長袖の萌くんが頑張るからさ。よろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

ナビスコガンバ遠征記 弐 貴船神社

オールスターの試合を見てしまいましたが、放送がひどすぎる。
あからさまに中山、三浦がMVPを取ることを目的にした放送。せめて違う視点から放送すればそれなりに花試合を楽しめたのになぁ。

松木を何とかしろ。過去を懐かしみ、それを軸にサッカー人気を煽る松木はサッカーの発展に障害以外になにものでもない。新規ファンはつかん。

前回より続く)

 さて、もはや1ヶ月前の話になろうとしているナビスコガンバ戦翌日の京都散策物語の続き。

 銀閣寺を後にして、バスで出町柳まで移動。途中、吉田神社のある吉田山の横を通る。触手が伸びるがここは断念しスルー。次節チャレンジか。

 出町柳駅からは叡山電車で貴船神社を目指す。下車駅は貴船口

Conv0001  列車は2両編成のワンマンカー。乗車はどこのドアからも出来るが下車は先頭車両、運転手の後ろの料金箱に切符や乗り越し料金を入れて下車するシステム。とはいえ、勝手に違うドアから下車する客が多い。そのたびに運転手がホームを歩く客に、「こちらから降りてください」と叫ぶ(笑。

Conv0002  列車は、市街地を走っていく。宝ヶ池で叡山方面と鞍馬方面に分岐。しばらくすると、車窓の風景が変わり、山の風景になってくる。

Conv0003  乗客の中に女性二人組のプチてっちゃんがいて、ワンマンの運転席や、山中を走る列車の運転席からの景色をしきりに写真に撮っていた。

Conv0005_2  出町柳駅から約30分ほどで貴船口駅に到着。山の中の雰囲気。駅を出るとそばを流れる貴船川の段差が小さな滝になっている。ひとしきり、皆が記念撮影(上)。

 駅から神社までは徒歩で30分ほど。とろとろ歩いてもいいが、ちょうどがバスが来そうな気配なので待つ。数分でマイクロバスがやってくる。バスは、川沿いに上流へ向け走る。5~6分で終点。ここから数分歩くと貴船神社入り口。

Conv0006_2  この辺は貴船川に川床を設けて、料理を楽しむ料亭が連なっている。神社は道を挟んでその反対側の山の斜面にある。

Conv0008  鳥居をくぐると赤い灯籠が並ぶ階段。

 

Conv0010  ここを登ると少し開けた場所に出る。左斜め前の少し小高い所に拝殿と本殿。一昨年立て直したものなので、古色ではなく白木の明るい印象の社殿。ちょうど七夕の飾りが飾られていてその彩りがきれいだ。

Conv0009  貴船神社は鴨川の水源の位置にあり、水の守り神の神社。その意味では下賀茂神社、上賀茂神社と関係がある。創建は1600年前!創建時の神社(奧宮)の位置はここよりさらに上流にある。1055年に今の位置に遷座した。ただ、縁結びの神でもあり、占い用の神を水につけると文字が浮かび上がる水占いで有名。このおみくじを売っている巫女さんがきれいでしばし見とれる。

Conv0013  奧宮(下)にも行ったが、参道が長い(上)。神社の境内は広々している。流石に社殿は小さく、こじんまりしている。ただむやみに広々していて、少し間が抜けている感じ。

Conv0012  この旧社(奧宮)と貴船神社の間に結社(下)がある。小さな祠だが、磐長姫命が祭られている。縁結びの神。この神さまは山の神である大山祇命(おおやまつみのみこと、三島大社の祭神)の娘。天孫降臨した瓊々杵尊(ににぎのみこと)が大山祇命の娘である木花開耶姫(このはなさくやひめ)をめとる時、大山祇命が一緒に姉の磐長姫(いわながひめ)も娶ってもらおうとしたのに、娶ってもらえなかった神様。その経験から他の人の良縁を願うようになったという筋立て。本当に効力があるんだか...。要はブスだったかrと伝えられているんですが。どんなもんでしょう。

 ちなみに大山祇命は天孫降臨時の地上神の協力者。その人の面子を潰したわけだから、かなりやばい話。

Conv0011 Conv0016  この結社、奧社を訪ねて、後は京都市街に戻る途中、川床(上)が見えたのでパチリ。いいなぁ。涼しそう。その中で鍋系の暑い食事をするのは乙なもの。まぁしょうがないので生ビールを求めて涼ををとりました。

Conv0014 Conv0015  帰路に乗った電車は、パノラマカー。窓が大きく、座席が外を向いている特別仕様車。リラックスして出町柳に帰還。さぁ次は八坂神社だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

レッズのいない週末

酒井が神戸に移籍。こうなる日は近いと思いつつ、わざと忘れたふりをしていましたが現実はそうはいかない。寂しい限りです。
ただ酒井が先発として出てくれれば、それで良し。神戸、使えよ!

さて、シトンが何も無かったように帰国してますね。
過去のトラウマで、無事帰国に文句を言っている人がいますが、そういう人は放っておいて、無事の帰国を祝いましょう。

闘莉王、達也も怪我から復帰、1日には強制送還される坪井、阿部、啓太も動員されるようでお気の毒、久々に全員集合でしょうか。広島の佐藤はのんびりかえってくるんでしょうか。

中断期間長すぎて、ちょっと頭がふらふらしてます。しかし、啓太は超人ですか。来年倒れないでね。

フト思うのは、酒井がいなくなり、伸二、長谷部、啓太、ポンテが移籍してしまったらという悪夢。心配性の鰐です。

赤星~!早く芽を出せ!そういえばセルヒオの怪我は思ったよりは軽いようで。年内に何とか出て欲しい。

試合のない週末。これをやり過ごせば1日は広島戦。参戦出来るかは不明ですが、早くガンバに追いつきたいですね。

そういえば明日は韓国戦。あっ今日か。また、韓国は異様にテンション上げてくるでしょうから、みなさん怪我しないように。3選手お休み、ってわけにはいかないか。坪井かえるを取ってる場合じゃないですよ。阿部は痛がって休めませんか。しかし韓国の監督、韓国人でないのに気合い入りすぎ。乱暴は止めましょうね。

あれっ、韓国の監督、栗鼠監督ロバート君の実兄なのね。知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月26日 (木)

まぁ残念だが 妻の言動はもっと残念?

そういうつもりは無かったんだけれど、アジアカップの途中経過を知らず、期せずして情報遮断状態で帰宅。

「結果を知らずに録画を見る私は勝ち組?負け組?」なんてmixiに書いて自宅のドアを開けたら、午前0時を過ぎているのに妻が起きている。毎朝5時半起きの妻はこの時間はいつもは寝てます。

それなのに起きているのは!

そう、アジア杯を見てたんですねぇ。Jリーグに関心ないくせに!

で、帰宅して私がリビングに入るなり

「負けちゃったねぇ」

あ~。録画を見る動機が消えていく。とほほ。

後は韓国と3位決定戦ですか。

お願いだから試合勘を戻すために坪井を使って!惜しむさん

啓太、阿部は休みということで。よろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

憑依体質 アジアカップ豪州戦

前回のアジアカップに続いて、川口にまた降臨。前から思っていたけど、川口って憑依体質なんだろうな。追い込めば追い込むほど降臨してくる。マゾか。まぁ、ありがたいことです。

しかし延長になってボールを支配していても、バックパスしまくる●野、●野はなぁ。もっとも変なパスをカットされてカウンターくらうよりはましですが。あそこで圧力かけて切り込める人材がいれば、かなり代表チームは強くなるんだが。相馬だと玉砕しそうだし。あっ、暢久。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

代表戦は置いておいて那須話

 会社からの帰路、王子駅で遠藤の代表ユニを着ていた兄さんに遭遇して、気分
が悪くなった私です。そんなことをmixiに書いたら某マイミクさんに、「そんなんじゃ代表戦見に行けないよ」と言われて「そうだ行けない」と思う心の狭~い鰐です。

 まぁ、自宅最寄りの駅で阿部と啓太のユニを着た可愛い女の子に会えたので気分は落ち着いていますが。

 さてA3のメンバーも発表された今日この頃。伸二や坪井は怪我なら休んだ方がよいですが、赤星はだめなんでしょうかねぇ。練習では結構良いように聞いていますが..。達也が、復帰に向けて調子を上げてきてくれることを祈ります。ただ、怪我が怖い。怖がってもしょうがないが、オジェック、うまく使ってくれよ。

 で、前回に続いて那須の旅レポート。途中で終わらすのもなんなので、最後まで。
 昼食を取った後は、温泉へ。大丸温泉、北温泉、鹿の湯など色々候補はあったんですが、時間もあまりないので、ササっと入れる松川屋の日帰り入浴を試すことに。ペンションPOWWOWから那須の裏街道を使って北上。渋滞知らずの良い道。途中はペンション多数あり。
 
Conv0010_7  松川屋は温泉神社を左に上がった先にある。もう少し奧まで行くと那須ビューホテルがある。松川屋には内風呂と小さな露天がある。ウリは鹿の湯の源泉を引いていること。源泉かけ流しで、さらに毎日お湯を入れ替える。

Conv0009_9  お湯を抜く前と入れたばかりの時点でジオレラネ菌の検査をしてそれを脱衣場に貼ってある。その辺を自慢しているところが野暮ったいが、湯は確かにいい感じ。淡い白濁をした湯。ただし、源泉のお湯は熱い。源泉の前には湯船の中に木のしきりが入れてあって湯船全体が熱くなりすぎないようにしてある。

 露天は小さく、お湯は温め。眼下には緑の山が広がるいい感じ。お湯がぬるいのが気になるが、その分じっくり入っていられる。次第に汗が出てくる。体の芯から温まって気持ちよい。

 入浴後、那須高原有料道路を通って、八幡温泉のつつじを見に行く。その後は山を下り、チーズ・ガーデンNASUのラスク屋さんに寄って帰るつもりが...。

Conv0015_4  途中、アジアンオールドバザールの横を通ったらいつの間にかに規模が大きくなっていてついふらふらと入場。ちょっと前まではバリ島の民族お土産屋だったのに、ネパール、ベトナムと地域を拡大。思わずいろいろ見ちゃいました。妻も服を買ったし...。

Conv0012_6  予定外のところで時間をつかってしまい、チーズ・ガーデン、ラスク店は駆け足で寄る。右上はチーズ・ガーデンで購入したスモークカマンベール、右下がNASUのラスク屋さん。

Conv0013_3  それでも高速乗らずに西那須野塩原ICまで一般道で。途中、クルマが完全にひっくり返った自損事故と遭遇。そのときクルマの右手い渋い神社が。思わず写真を撮る。それにしても最近、事故直後に出くわすことが多い。ここ1ヶ月で3度目だ。

 高速には4時半に乗れ、渋滞もなく、無事、5時45分に帰宅。まったりと疲れをいやしつつ夕食。とりあえず妻とけんかはせず平穏な一日でした。

Conv0014_4  最後に問題。那須&塩原では写真のように7イレブンの看板が茶色。何ででしょう。答えは後日。

松川屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)