千葉戦

2009年10月 5日 (月)

【参戦記】進化か退化か分からんが勝ち! 峻希万歳 千葉戦

Conv0001 峻希万歳!終始良い動きをしてましたが、3点目の得点はまるでユース時代を見るような動き。元気、直輝、峻希コンビを思い出しましたよ。

深いは相変わらず不快だ。ついでにミシュウもちょこまかうるさい。

しかし、試合開始5分後、スタンドで隣の某酔いどれおやじと「今日は5分もったな」と胸をなでおろしていたのに、その2分後に点をとられるなんて何てことでしょう。

結局、3-1と勝った試合ですが、相変わらず失点が先というのは悩ましい。今回の失点は司のミスが原因とはいえ、守備が安定してません。阿部ちゃんの芸術的なFKの得点で同点にしてなかったら千葉相手にズルズルリードされていた可能性が高く、ぞっとします。

Conv0007 そう、同点にしてからも攻めながら点がとれない。ミスを連発してちゃ得点できません。相手が強い相手だとどうなっていたやら。前半最後、峻希が美しいワンツーでバイタルエリア近くを脅かして得たFKを、サインミスでみすみす無駄にするところなど、やばやば。ある意味前節の鞠戦と同じ展開。阿部ちゃんのFKと千葉の引き気味の対応に救われた形です。とはいえ、前節よりは前に行こうという気持ちはあったようで、ミスはするものの前かかり。ただし、効果的なスペースへのパスや速いタッチでのパス交換はさほど見られず。

それでも後半に入ると、15分ほどから千葉の動きが鈍くなってきたこともあり、千葉は防戦一方。しかし、それでも点が取れないレッズ。「レッズに勝たせたくない何かがある」のかと思いましたよ。結局、攻め込んだ時間帯に点が取れず、いやぁな感じに。

ところが、この時間帯に猛攻を受けた千葉が、それに対応するために選手交代してくれた助かりました。後半21分のミシュウ、28分の深井とちょこまかうるさい二人がいなくなってから、連続得点。うるさ型がいなくなって、気持ちよく攻め込めたおかげと思ってます。結局、まだまだ調子が出ないレッズ。千葉相手の快勝に浮かれず、次節、鹿島に勝った強い新潟相手に、頑張って欲しいもんです。

Conv0003 司は前半のミスからか、もともと達也を出すために予定通りだったのか前半でひっこんでしまいました。ただ、今のレッズでチャンスとあらばシュートに持ち込む意欲が一番高いのは司。原口や峻希もそうですが、若手ほど、その意欲が強いというのは嬉しいやら悲しいやら。それでも、ここ数試合の阿部ちゃんと啓太のボランチコンビも積極的にシュートを狙っていますから、これが実を結べば嬉しい限り。それにしても峻希は可愛い。「33」を背負って参戦した甲斐がありました(すまん、暢久)。

Conv0002 ちなみに、千葉は降格争いの真っ最中なのに、というか真っ最中だけに、参戦しているサポは元気、というか必死。気合の入ったサポートをしてました。あの気持ちが我々にも必要な感じです。

試合前、主審が佐藤隆治と知ってお仲間に死ぬほど悪口雑言を吐きましたが、なんのなんの、真っ当なジャッジご苦労様でした。どこかで修行したんでしょうか。今後も切れないように祈ってます。

Conv0005 今回は前抽の並びの時間帯に大雨が降って、大変だったようで。幸い試合中は雨も降らなかったものの、選手はずるずる滑ってましたねぇ、スパイクの選択ミスなんでしょうか。
で、試合後は、選手がピッチでクールダウン。これは良いですね。

Conv0006 そして、アフターは相変わらず、某、浦和丸で録画中継を見ながら快哉。隣の「力」の声も大きかったです。この店、力よりモニターが見やすく、店員の皆さんもいい感じなので、今年はご愛用。強力な力の前にあるだけに、踏ん張りを期待してます。つぶれるなよぉ。

さて、来週は松本行き。チケットは獲得しましたが、初めての松本だけに駐車場事情が良く分かりません。ま、なんとか成るでしょう。ロッピでは、アウェイのレッズより、ホームのチケットの方が速く売り切れたようですから、楽しみです。

そういえば、鹿島4連敗、清水も連勝ストップ。ガンバが調子良いのにはいやな予感がしますが、面白い雰囲気になってきました。ガンバと鹿島だけには優勝させたくないので、そこんとこよろしく。

Conv0004 (第28節、レッズ3-1千葉、北ゴル裏、佐藤隆治 38,634人、曇、午後3時34分、10月3日、土曜、8位に浮上、7,937)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

【参戦記】微妙な勝利 でも1位 千葉戦アウェイ0-1

Conv0003 あ~、試合後、赤羽で祝杯をあげたあげくに、帰路、駅を乗り過ごし、呑み代より高い金を使って、タクシーで帰宅した鰐です。風呂も入らず、ブログをあげようと思って書き進んでいるうちに、そのまま寝落ち。パソコンの電源も残量がすくなかったせいか寝落ちしてパァ。早くも世間は清水戦展望を書いているのに、これじゃいかん。

で、遅ればせながら千葉戦。

なんと言うべきでしょう。一歩進んだのか、停滞したのか。

試合当日は、朝から雨。直輝の先発は見合わせると思っていたのに、出て来ました。さらには元気も先発。こうなると、メンバーはほとんど前節と同じ。スリッピーなピッチで直輝がまた怪我をしないか不安でした(暢久が転ぶのも心配でしたが...)。しかし試合が始まるとそんな不安はまったくなし。相変わらずうアンタいつまで続けられるのという感じでしたが、運動量ではたぶんJ1屈指の千葉犬。おかげで京都戦のように華麗なパスサッカーは披露できませんでした。それだけででなく、早いプレスで、攻撃の糸口がなかなかつかめません。一見膠着状態。

とはいえ、千葉はプレスをかけるものの、中盤から巻へのパス以外、これといった攻め口があるわけではありません。両サイドの谷澤、深井の役割は巻へのパスと、こぼれ球を拾って攻めかかることにあるわけですが、それもほとんど機能せず。

両サイドが起点となった攻撃がほとんどないので、うまくボールを支配できなくても危機感がありません。あるとすれば偶発事故。前半、一度、アレックス→工藤で、あわやというシーンがありましたが、それも闘莉王がつぶしました。去年なら決められてたでしょうね。

また、京都戦のように好き放題ではないものの、高い位置でのプレス、ボールを奪われてからの守備への切り替えは健在。

後半になると、次第に自由にプレーできるようになり、犬の疾走もやや落ち気味(それでもよく走るわ)。そこで華麗なパスの連携から、こちらか見て右サイドをえぐって入ってきた直輝が深い位置からクロスをいれ、それにエジが合わせてゴール。ここ最近、オフサイドやファウルで得点を取り消されていたので、しばらく得点を喜べない方々が結構多かったのはご愛嬌。試合後、直輝の言によれば「あそこに誰かが走りこんでいる」と確信して、パス先を見ずに蹴ったそうで。恐れ入ります。

こうなると、都筑は暇だよなぁ。あまりの暇さに、余計なことしてイエローもらうのが怖いくらい。

それから、柏原。一時の狂乱ジャッジはなく、落ち着いたもの。しかし、元気が倒されたあのプレーはPKだろうに。前節、いまや天敵の奥谷も通常のジャッジは、まぁまぁだったものの、エジのシュートはファウル。決定的なところでやられてます。ま、これは余談。

千葉の好不調に関係なく、ここ数年、動きのないレッズは、千葉の豊富な運動量に振り回されて悔しい思いをしてきただけに、久々の歓喜。フクアリで「We are Diamonds」を歌えてよかった。

Conv0001 Conv0002 しかし、あれだけチケット争奪戦を展開したのに、結局、キャパに2500人も足りない入り。雨が降ればこない客はどのチームにもいますが、ほぼ濡れずに見られるフクアリでこれだけ空席ができるのは残念。だから、バックをアウェイチームにも売ればよかったのにw 千葉と大宮だけに残る風習は無駄としか言えません(あ、今年の大宮は違うんだった)。右上の写真は試合開始前のバック、アウェイよりの状態。黄色い人もいますが、なぜか黒い人が結構います。どういう人なんでしょう。その下は同じ時間のメイン。半分近くまでチャント赤い人が入ってます。バックもチケット売りましょうよ。

Conv0004 恒例、スタジアム外の屋台で買ったソーセージ。いつもはどんぶり勘定で、どかっと入れてくれるのですが、今年は数量管理されていたような。残念w このためにみんなでタッパーを持参したのになぁ。

P.S. 蘇我に向かうため、乗車したさざなみ7号がドアの故障で、途中で運転中止。後続の列車に乗っていた皆様失礼しました。某●いどれさん、某●かひとさんなど、一緒に乗った方々のせいではないと信じます。私は無実です。後続のわかしおに乗ってた●星さん、失礼しました。

(第7節、千葉0-1レッズ、アウェイゴル裏前段、柏原丈二 、15,428人、雨、午後4時3分、4月25日、土曜、鹿が山形と引き分けて、レッズ1位に。早すぎる)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年4月25日 (土)

【試合展望】峻希帯同! 堤、再び負傷orz

明日は試合中、かなり降りそうですね。

雨の中、暢久が脚を滑らさないか心配。

Ci090425002220 で、峻希が待望の帯同。サテライトにはフィンケも来ていたようで、よい動きを認められたようです。もっとも、達也と(たぶん)直樹がベンチに入らないことによる抜擢でしょうが、この連休の連戦は帯同のチャンスがあります。また暢久を休ませるにも峻希は必要。

ただ明日は、アレのときと同じようにまず1試合目は雰囲気を体感させるのではないでしょうか。29日の清水戦あたりでの出場を期待したいです。そのとき直輝も一緒に出場して欲しい門です。

もう一人の帯同は代志也のようです。

明日、雨と直輝抜き(たぶん)というハードルを超えられるか。見ものです。

そして、堤が、練習に合流したのにまた負傷。しかも再び手術をし、長引くようですorz
辛いだろうなぁ。悔しいだろうなぁ。4バック体制になって基調なサイドバック要因。細貝はボランチで頑張って欲しいが当分左サイドをやらされるんだろうな。こうなったら永田が1日も早く上がってきて欲しいもんです。

では明日。勝ちましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

【試合展望】実は雨が怖い千葉戦 そのココロは...

いよいよ明日(25日)は、千葉犬戦。どうも終日模様のようです。で、スタジアム内はほぼ濡れない構造のフクアリですから、そこは心配してません。ただ、入場前の待機時間をどうするか。8時半に列整理が終わった後の行動がポイント。もっともソーセージだけは買わねば(笑

で、各選手の状況は微妙ですが、達也の欠場は決定的ですね。これからGWの連戦が続きますから腱をいためた達也が無理する必要はない。来週から練習に合流して5月からの試合に出てこれればよい。

岡田ジャパンの呪いを逃れ、無事無傷で帰還した元気は、若さもあって、きっと出てくれるでしょう。今や後光がさしているエジ様とFWで2トップを組むんでしょう。去年までのユースでは連戦が当たり前でしたから、肉体的には大丈夫なはず。風邪さえひかなければ...。

で、一番気になるのは直輝。昨日(23日)も軽くランニングの状態です。連戦を考えれば休ませて、29日からの出場が妥当。ここで怪我を悪化させてては元も子もないです。フィンケは選手の体調&怪我管理は一流。直りきらない選手を無理強いして出場させる愚行はしないでしょう。

となると、直輝の代わりが気になります。

「前の4人」と暢久が言うように、今のレッズの攻撃の主軸はポンテ、エジ、原口、直輝ですね。この柱である直輝の代わりを誰がするのか。高原を入れるのか、アレなのか。ま、普通に考えればアレでしょう。

ただ、ダイナモ直輝がいないレッズがどのくらいワクワクさせてくれる試合をできるかはやや不安。前節の京都戦、直輝が抜けてから、機能が衰えた前の4人です。直輝がいないとポンテはボールを持ちすぎる症候群がでるし、元気を生かすパスも少なくなるはず。

そういう意味で直輝抜きでどこまでやれるのかが課題の試合になりそうです。直輝も人の子、怪我や累積警告などで試合に出られないことが今後もあるでしょう。そんな時にも、フィンケが目指す試合をチームができるのか。新しいハードルですね。

しかしこんなことを書くようになるとは開幕直前まで思いもよりませんでした。直輝の存在の日々大きくなっていくことに改めて驚きます。

また、千葉にいたころのように、前目でのプレーを取り戻した阿部ちゃんの活躍にも期待したいです。

千葉犬は前節の前半も後半もぼろぼろだったようです。それでも勝てたのは、「1点リードでは不安」and「もう1点入れられるはず」という思いの強かった瓦斯の焦りがあったからでしょう。

で、明日の試合も基本はカウンター中心なんでしょう。無意味なロングボールは怖くないですが、セットプレー後のカウンターや、中盤のパスミスや一瞬の隙をつかれてDFの裏を取られるのが怖い。ただ、今まで通り、気を抜かないでやればそう心配はない。鹿にやられてから改善しましたから。

サッカーは計算通りいかないところが怖いのですが、よっぽど運がない限り大丈夫でしょう。審判が「死ね」西村とかでない限りw

ただ、予想の付かない怖さがもう一つあります。それが天候です。前節、活躍した不快な深井の相手をするのは萌か暢久。普通に考えれば、何とかなりますが、明日の天気は雨。雨!

萌はともかく、切れきれの暢久が雨で溶けてしまうのが怖い!

晴れろよ千葉。降るな雨!

で、峻希まだかなぁ。練習での様子が分からないですが、待ってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

【参戦記】水投げるんじゃねぇ アウェイ千葉戦 3-2

試合後、挨拶にきた選手に中心部から水とペットボトル?を見舞ったやつがいる。拍手をしたり、腕組みをして無言のまま立ち尽くすサポなど、人それぞれの対応。だが中心部から水とブーイングが。

この日の選手の動きは素晴らしいとはいえないものの、悪くはなかった。しかし、時々目にする一瞬の油断。プレーではなく審判へのアピールに気をとられているうちに不快な深井に切り込まれ坪井が交わされ失点。

あれはファウルだろうとは思ったが、それは言っても詮無いこと。

エジが夏までとは別人のように動く。競る、追いかける(でも競り負けるし、トラップ大きすぎるが...ま、下手)。ボールを奪われれば取り戻すべくチェイシング。エジに何が起きたんですかね。体もスリムになって、切れもよさそう。夏に太るという某新潟サポの言うとおり、涼しくなると元気になる?

そんなエジがゴール前に攻め込み、なぜかそこにいた闘莉王にパスして、闘莉王がシュートし同点。

何とかなるかもと思ったハーフタイム。ただ現実は厳しい。前半に何度ゴールポストに救われたことか。目の前で見せたバイタルエリアでの巻の動きとシュートにははらはらさせられました。強い千葉。勝ち点3がなかなかとれない低迷レッズは善戦したというべきでしょう。もっとも、後半、立て続けに2点を取られたのは確かに無様といえば無様。坪井があわやというミスをした後に、同じようなミスをして、失点に繋がったのは本当に悔しかった。そして攻めあぐねたのも事実。平川サイドを使えなかった攻めも単調だったかもしれない。

だが、しかし。だからといって、中心部があれでいいのか。ここまできたら、とにかくあと押しするのみ。もちろん、グダグダなプレーにはブーイング。だが、この日の選手にブーイングするほどひどくはなかったと思う。

次のリーグ戦の相手は神戸。強いよ。もう、勝ち続けるしかない。それをどう後押しできるかだけを考えようよ。
(第27節、犬3-2レッズ、南ゴル裏緩衝帯際、松尾一 16,718人、曇、午後2時05分、10月5日、日曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

【参戦記】暢久~!! 千葉犬戦

Conv0001 いやぁ、暢久ディでしたね。神戸戦に続き好調の暢久。今回はボランチとして登場。常に前を向き、シュートを撃ち、敵陣に深く入り込み、シルキィタッチでボールを扱う勇姿に涙を隠せませんでした。全国の暢久サポのみなさま、いよいよ暢久の季節がやってきました(と言っておきましょう)。

私も今回ばかりは「暢久っ!」という怒号はわずか2回ほど(当社比80%減)、「暢久っ!」という声援は数知れず。

試合前、見事に暢久のボランチ起用を予測した私にも何かが起きているんでしょうか。ゲルトとシンクロ出来るかな。

疲れたので、後半ゲルトに交替を申し出て愛嬌を見せるなど(すでに交替枠は使い果たしていたんですが)、暢久の香りがいっぱいでした。

Conv0002 えっ?闘莉王ディでは?内舘のミラクルシュート?(観客のどよめきは凄かったですねぇ。流石、某有名チームのゴールキーパーを一発のシュートで引退させただけのことはあります)、萌の積極果敢な上がりにシュート? ま、それも良かったですが、それも暢久の前では余興。

もちろん、前半は闘莉王とボランチを組んで苦労しましたが、後半、闘莉王がトップ下に上がり、萌がボランチに入ってからは自由自在。萌を積極的に前に行かせる動きも素敵でした。

ゲルトの選手交替は見ていて面白い。サッカー観戦(参戦)の楽しみが増えて嬉しいです。

ん、地震ですか? 震度3のようです。

最後にはセルヒオもでてきて、見所満載。

試合前、あの暑さで暢久が溶けてしまうと心配したのが嘘のようです。疲れもあるようですから、暢久はお休みとも思っていました。しかし、萌が故障一歩前ということで先発からはずれ(というか闘莉王の面倒をみていたら疲れますわ、それは)、暢久は(強行)出場。しかし、試合開始時にはピッチは日陰、涼しい風が神風のように吹いていたことで暢久は開花しました。

さて、土曜には調子を上げつつある川崎相手。萌、暢久の2ボランチは機能しそうですから、闘莉王は最初からトップ下に上げちゃいましょう。永井か梅崎は割を食って右サイドということで。

ただ懸念は雨模様という天気予報。雨が降ると暢久は溶けてしまいます。

晴れでもキックオフが午後2時では暢久は溶けてしまいます

曇で北から多少の冷気が入り込んだ天気を希望します。よろしく!

それとも疲れで自主退場?

P.S.
千葉の久世くんは解雇のようですね。レッズ戦をだしに解雇するのはそろそろやめてほしいなぁ。まるでうちが悪いみたいじゃない。

Conv0003 千葉サポはけなげでした。試合前には鹿では思いも寄らないビジュアルを敢行。アウェイではああいうビジュアルサポが良いですよ鹿さん。鹿はできもしない難しいことにチャレンジしすぎ。

試合後、ブーイングではなく拍手で迎えた千葉サポにも少し感動。もう、ここまで来たら、抱き合って行くしかない。しかし、監督解任して好転するのか?

ね、もう柏原は気にならない。問題は唯我独尊氏ねの西村、身勝手でぶれる奥谷、素人並のスキルで視野が狭い扇谷。以上。

瓦斯が名古屋に負け、名古屋が浮上。鹿は負けてイヒヒ

また地震。さっきより大きい。さいたまで震度4。

しかし、考えてみればレッズはセンターラインが不在。坪井、啓太、ポンテ、達也がいない。さらにアレ、平川がいない。戻ってきたらどうするんだか。

Conv0004 (第11節、レッズ3-0千葉、ホームゴル裏37列165、柏原丈二 、58,008人、晴、午後4時、5月6日、火曜・祝日、1位、勝ち点差1→名古屋)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

ああ!絶好の機会を逃した! 犬戦、仮想参戦記 改訂

いやぁ、ようやく帰宅。

会社からですが...。

しかし、サッカーの女神にもてあそばれたスペクタクル(=ぐじゃぐじゃ)な試合でした。あんな試合に参戦できなかったなんて..。

3点先取して、2点取れるチャンスをフイにすると(達也ポスト、啓太無人ゴールはずし)、都筑と闘莉王のお見合いのような状態で、レイナウドに1点取られ、また1点取れるところ(達也~)をフイにすると、長谷部の足の間をすり抜けるシュートで羽生に1点取られる。

最後、達也がロスタイムに1点とりましたが、その後も達也&長谷部でまた1点フイにする。

8点取れた試合が、壮絶な殴り合いに

あれだけ優勢な時間と攻め込まれる時間が交互に来る試合は久しぶり。

現地にいたら心臓に悪かったろうな。ま、勝てて良かった。

で、話変わって、参戦出来ないと覚悟したのは金曜日。

チケットはあったのに、仕事が襲ってきてどうにも行けないことが分かり
チケットを浦議SNSのお仲間にお譲りする事に。

しかし、仕事が忙しくて、チケットの受け渡しは午前1時。

会社からタクシーで帰宅途中、自宅そばのローソンで落ち合って、無事死にチケを作らずに済みました。

朝は何の因果か、浦和美園駅行き!の南北戦で会社に出社。なんてことだ。

とはいえ捨てる神あれば拾う神あり

Sn380101_0001 いつもと違う机での仕事でしたが、斜め後ろに47インチ!(推定)の液晶テレビが

BSデジタルも見られます。おかげで、ネット中継となる仕事中観戦が、でかいディスプレイで実現。

ただ、シトンの鼻血がリアル過ぎて、気持ち悪いくらい。口からも血が出てた。

怪我の具合が心配ですが、ともかく勝ってよかった。

しかし、ほとんど攻めまくられの時間帯が多いことには閉口。千葉はトランス状態になると手がつけられない。いつもあれをやってりゃ強いのに。そうはいかないサッカーの面白さ。

ちなみに参戦した仲間は、どうもスタジアム(SA自由席)で試合以外にも面白い経験をしたようで、それが気になります。気になって夜も寝られません(酒飲んでるし)。

惜しい試合に参戦できなかったのはつくづく残念。

こちらで、SA自由席とゴル裏に挟まれたホーム自由席の話しが出ていますが、これはこれで楽しそう。

楽勝のハズが大苦戦になった試合。レッズらしいといえばそうなんですが、一度くらい大勝しても罰はあたらんと思うけどなぁ。

ともかく、これで優勝にドライブがかかりますな。

追伸2:091021更新

それで副ありに参戦した方々のブログが次々に上がっています。うらやましい限りで。

サバ(折り)の女王還暦前の妖☆火種王子酔いどれ乱れうち  (パクリ御免)

しかし、大分使えねぇどころか得失を5点も献上するとは

追伸:

あんな最高の天気と休息をたっぷりもらっときながら、受けたパスをぽろりとラインの外に出してしまう暢久の仕様にあきれるやら、なっとくするやら。メインスタンドから「やまだ~!」と叫んだのは、フクアリにとんで行った私の魂魄か。(下記のコメントにあるように叫んだのは この方のようです)

羽生のまぐれシュートで股を抜かれた長谷部。アシストは相手にしなくてもよろし。

下村の凶暴ぶり(顔も)はいい加減にして欲しい。頑張っているつもりがただの暴力装置。

連戦が続きますが、一番怖いのはイエローリーチの方々。シトンより闘莉王、そしてなんといってもポンテが怖い。1枚もらうと2試合出られない。

小池頑張ったけど、まだまだ。ボールをもらって直線的に行って2人囲まれ球を奪われることたびたび。もっと思い切って切り返して早めのシュートしてね。さすがに直線的に言ってぶっこ抜けるほどトップは甘くない。もう2、3試合出ると壁を超えられるかも知れないが、チャンスがないよなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年5月 4日 (金)

好事魔多し 千葉戦参戦記

Conv0001_29  好事魔多し。斉藤が2度目のイエローで退場することになった瞬間、多くの人が「今日はこれで勝った」と思ったろう。選手にもそうした気持ちが生まれたことは否定いできない。直後に与えたCKで同点にされる。

 その後の怒濤の攻撃も点が入らない。こんな試合があるんだろうか。狐につままれたような気分。後半早々、絶好の得点機を逸したときにいやな感じが現実のものになってしまいました。結構、いい試合してたし、攻め口も豊富になってたんですが。

Conv0002_24  選手にはブーイングする気にはなれなかった。拍手もできなかったけれど...。しかし、試合の最中、ひたすらヤジだけ飛ばす輩がいたが、やじる前になぜまともにサポできないのか。私の前にいた兄ちゃんはカッコだけはクルバ風。半身になって時々後のサポを眺めて、他のサポの様子を眺めるなどしてコールリーダー気分。だが、当の本人は周りの半分も声をださない。そんな奴が試合後の挨拶に来た選手にいつまでもしつこく罵声を浴びせかける。

 観客数が5万を超えるとこういうのが増える。卵を千葉サポに投げた奴がいたという話を聞いた時には絶句。そんなことやるならもっとサポしろ。

 フォーメーションは録画をみていにないのでようわからんが、阿部、啓太、長谷場が中盤をくんで、4バックの右の暢久も前目なので実質3バックのようでした。(私が勝手)危惧していた気温も、ピッチは試合直後から半分が日陰(暢久側ね)の上、湿度が低いので暢久も元気。

 千葉は山岸、工藤が思った以上に攻め込んでくる。水野も早い。相変わらずのサイド攻撃ですが、かつてのような左右の振る攻撃があまりないので恐怖感はあまりありません。それでも結構危ないシュートを撃たれてましたが。

 レッズの唯一の得点は永井からのロングパスを左サイド奥で受けた啓太がゴール前にパスしシトンがゴール。啓太はどうしたんだろ。前節の鹿島戦のゴールの時も、相手陣内に奥深く入り込んでいた。股抜きもするし...。あそこまで入り込んで来られると相手にとって脅威です。

 試合後、大宴会が開かれましたが、その最中に上位チームがレッズに合わせるかのようにドローを連発。海豚にいたっては鞠に粉砕される。鞠、侮りがたし。何が起きたんでしょ。おかげで試合前と順位は変わらず2位。満身創痍の千葉に引き分けてしまいましたが、次節はきっちり栗鼠を叩きましょう。で、ラモスどうするんだろ。どうせ辞めないと思うが。

(レッズ1-1千葉犬 北ゴール裏、20列67、家本、57,440人、晴れ、午後2時) 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

千葉犬粉砕のカギは暢久にあり?

いよいよ明日は千葉犬戦。

向こうは怪我人大量発生ということでどうも大変そうです。
ゴールキーパーも3軍に落ちたらしいですから
手負いの犬って感じですが、それに合わせるのが得意なレッズ。

悪い癖が出ないことを期待します。

ポイントは
●巻が出られるか 出られないとしてホントに山岸なのか
●ジョルジェビッチ、ストヤノフのいないDFはどうなるか
(って、こうなると誰が出てきても同じのような気も)
●羽生と阿部のマッチアップなるか(マスコミ喜ぶ)
●水野、工藤をどう押さえるか(羽生を抑えれば怖くないか)

ですかね。

レッズとしては
●シトンでるのか ワントップか 永井もでるのか
●BKは鹿戦のような3.5バックになるのか

でしょう。

●個人的にはセルヒオもう1回見せろ ですが。

そして最大のポイントは、明日の最高気温が24度Cということ。

確実に暢久はタリーモード。お疲れレッズは疲労モードになることです。

サポのしがいがあるというものです。熱射病で死ぬ気で行きましょう

で、想定先発

      シトン
   伸二    ポンテ
  長谷部 啓太 阿部
坪井 闘莉王 堀之内 暢久

で、結局試合中はこんな形になるような。

      シトン
   伸二   ポンテ
  長谷部    阿部
    啓太 暢久
 坪井 闘莉王 堀之内

ポンテ、シトン、伸二の絡みはもちろん
鹿戦で見せてくれた伸二、長谷部の縦で入れ替わりつつの連携
阿部の後ろからの飛び出し

を期待。

結構、攻撃的になるような感じです。千葉犬に走らせないためには
中盤のプレスと攻撃が最大の防御かと。

中盤のプレスでは、羽生からの球出しを徹底してつぶしましょう。

ちなみにポスト阿部!?下村が燃えているそうですが無視。
後は水野、工藤がボールをもった瞬間に啓太、暢久がいかに止めるか、そしてあがっていけるかにあります。(鹿戦のようにボールを置いていかないように...。)

そう。

やはりポイントは暑い中の暢久の動き次第。 (ホントか?)

南無阿弥陀仏。

永井もシトンと一緒に出てきたら、阿部が下がり堀之内がアウト。
でも、これって攻められそうです。阿部は上げといてなんぼのような気もします。攻撃的4バックができれば別ですが

    シトン 永井
    伸二 ポンテ
    長谷部 啓太
  阿部       暢久
    闘莉王 坪井

さぁ、どうなるやら。

ちなみに明日もチャリ参戦。猛暑の中のサポ後、浦和で祝勝会、その後チャリで帰宅。

走行距離30キロ。疲労で酒は飲めませぬ。いや、疲労で倒れる。または飲酒運転・無灯火で逮捕か。合掌

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

来た見た勝った

Conv0001_1   京都戦のレポもあげずに千葉戦。忙しくて書く暇なかったんです。京都戦は後日ということでお許しを。

 強風の中、いつものごとくチャリでスタジアムに到着。1時に入場。北ゴールの真裏、11列目にぽっかりと1席空いているの発見。幸運。

Conv0002_1  昼食をとりがてらコンコースを歩いていると、ブログやSNS仲間に出会う。先発にポンテ出るらしい、となるとここのところ切れきれの暢久でないのか、闘莉王は出ないようだなんて雑談をしていたら、当然出ると思っていた達也がサブと判明。で、暢久が出ることが明らかに。闘莉王も先発とのこと。先々のこと考えれば休んでおけばいいのにと思いながら、勝てる確信が沸いてくる。

 サブも全員レギュラーになれる面子。伸二や達也がサブってえらい豪華。

試合開始1時間前、席へ。席詰めで2つ前へ移動。北ゴール裏もいい感じに変わってきた。私なぞ、双眼鏡を持っているだけで、白ユニ兄ちゃんに、「試合中は見ないでください。声出してサポしましょう」と釘を刺される始末。気合い入ってます。お返しに「あんたより声出るよ」とハグをしてご挨拶させていただきました。

 試合内容の細かいことはまた後で(っていつ書くやら)、結果零封で勝利。「出られる状態じゃなかった」闘莉王に2点目とっていただきました。

 後半、危険なシュートをずいぶん打たれましたが(こちらもそこそこ打った。しかし後半のゴール前混戦、あわや乱闘はすごかった)、千葉のGK岡本に神が降りてました。

 ただ、千葉は水野の退場、ストヤノフの試合終了後退場と大荒れ。次節が厳しそう。ジャスティスのせいで負けたって思ってるんだろな。

  とりあえず、短信報告まで。
(レッズ2-0犬 埼スタ 北ゴール裏8列109、岡田、4万8952人、晴風強し、午後3時) Conv0003_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)