ヴェルディ戦

2011年11月20日 (日)

【参戦記】天皇杯3回戦東京ヴェルディH戦 2-1

急激に気温が下がり、風邪を引きそうな夜の試合。なんだかんだいいながら、結局、試合開始1時間前にはスタジアムに到着。ガラガラのスタジアムで、日本酒を飲みながら暖を取りました。

アウェイのヴェルディ側のスペースは南オール裏の半分ほどまで広げられていて、なぜ?と思いましたが、3日後の仙台戦仕様だったようで。

先発メンバーは想定より激しく入れ替え、永田どころかツボも使わず青山、丸塩も梅崎も温存して、矢島、原を先発に使うと布陣。暢久の左サイドバックに、温存と思っていた峻希が使われました。平川、坪井はリーグ戦要員ということだったようで。秀仁、矢島のボランチコンビも一緒に練習したこともないだけに、気になる。まぁ、これだけ選手を入れ替えればそんなこと言っても仕方がないですが。

試合が始まりやや意外だったのが、ヴェルディが意外におとなしめだったこと。不慣れな青山が先発とは思わず、慎重に入ったのかどうか分かりませんが、巻、阿部の不発気味だったのは僥倖。おかけで、前半は落ち着いたプレーを展開でき、無難な出来に。巻や、フリーの土屋に危うく失点しそうになるシーンもあったものの得点には至らず。ただ、レッズも得点できず。

気になったのは峻希の動き。攻撃面では積極的だったものの、守備は今一つ。青山はあんなもんでしょうが、やはりプレーするたびに心配になります。

後半、この日動きの良かった原が地を這うよなシュートを撃ちこれがゴールポストにあたりながらも、ゴール内に吸い込まれ先制。貴重な先制点を得たものの、こうはんから、活性度が上がりだしたベルディに攻め込まれるシーンが多く、手詰まり感が。

そして、青山が負傷退場で入ったユースの西袋(さいたい)のところに、ヴェルディが進入。「西袋くんが危ない!」とばかり、レッズの選手が自陣右サイドに集まったところ、暢久がひとりしかいない左サイドにふられ、山岸がアポジと1対1となってしまい、ありえないおばかな失点。困ったもんです。

それでも後半36分、マゾがペナルティエリア前で倒され、ゴール正面でFKのチャンス。あまりにゴールに近すぎて、やりにくい場所でしたが、原が一閃、ゴールを決める快挙。これは入るまいと思っていただけに目を疑いました。壁はきちんとあったはずなのに、そこをする抜けて、ボールがゴールネットを揺らしていました。寒さをふっとばす得点でした。このまま同点で120分やる事になったら凍え死ぬwと思い始めていただけに、喜びもひとしお。

この日のマジは、いつもよりは動き、守備にも頑張っていました(あくまでマゾとしては)、とはいえ、ボールを持っても、唯一の特長であるドリブルでの縦への突破は見られず、パスするか、ボールをもったまま相手選手に囲まれボールを奪われて倒れ込むシーンの繰り返し。なんだかなぁとおもっていたものの、結局、ゴール前でFKを獲得した点は評価しておきましょう。

これで、準々決勝に進出。スタジアムは熊谷陸上競技場のアウェイ。チケット発売は26日(土)。って福岡遠征日ではないですか。ということでさっそくチケット確保体制がとられたわけですw

ところで、村上、黒すぎ。

天皇杯4回戦、レッズ2-1東京ベルディ、北ゴル裏、井上伸次、 7,427人、晴、午後7時、11月16日、水曜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月15日 (火)

【試合展望】天皇杯3回戦 東京ヴェルディH戦@埼スタ

明日はもう天皇杯3回戦。その後、中2日後にはリーグ戦が待っている。そんな中、ユースを呼び寄せ、主戦力を落として臨む試合。

相手の川勝監督はお怒りのようですが、うちはなめてませんよ。でも、リーグ戦は負けられませんからね。まぁ、川勝のプロパガンダのおかげで250枚ほどはチケットが売れたようですし(某氏推定)。

twitterのTLを眺めていると、チケットを買い忘れ、当日券の高いチケットを買うことを回避すべくあたふたしている方もおられるようでw 私は,チケットを拾いましたがw、某嬢はセブンイレブンでチケットを買ったらレッズのクリアファイルをもらったそうで。奇特な店です。

さて、明日はU-22に招集され、仙台、福岡戦に出られない水輝と直輝が出場する試合。一方、代表帰りの元気は出られない(旅疲れ?)。さらにセル、柏木を温存するんでしょう。となれば、FWは高崎なんでしょう。

そうなると中盤はマゾ、直輝、丸塩か梅崎、そして秀仁ですかね。両サイドはどうなるか。野田、暢久ですかね。

CBは水輝と坪井ですか。攻撃的なヴェルディの中盤を押さえ込まないとひだるまになる可能性があります。直輝はいやでも汗をかいてくれるでしょうが、彼からのボールを前線にどうつなげていくのか。その辺が見所かと。

しかし、こんな消去法のメンバーでチームとして戦えるのか非常に不安な試合です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

【参戦記】脱力の夜 不可解な試合 ヴェルディ戦

Conv0001 ロスタイムの阿部ちゃんのゴールには歓喜しましたよ。

しましたけどね。

前半、迫力のないヴェルディの攻撃に、これならいけるんじゃないの思っていたら、またぞろ相手に合わせて、点を取れない試合に。今一つ覇気や迫力を感じないのは、連戦の疲れですか? いくつかチャンスはあったものの決めきれず、後半に。

で達也、高原に替えてエジ、永井とは。なにか確信があったんでしょうか、前半より良くなるという。

さすがに闘莉王、阿部ちゃん絡みのパワープレーでなんとか1点を取り引き分けに持ち込みましたが、最悪の事態を避けられただけのこと。

しかし、あの程度のサイドの圧力に平川は不発になるとは。いよいよサイドに2人を配する必要を感じざるを得ません。

思うに、阿部ちゃんをボランチに使い、闘莉王をCBにし、ポンテが司令塔という形はできているのですから、サイド攻撃および中盤とFWの連携に絞って戦術考えてくれればいいんですが。幸い坪井とか元気なんだからさ。頼むよ。

今後の連戦を考えるとFWのセットを2つもつのも結構だけど、ぶっつけ本番はやめようよ。ほんとに。

Conv0002 (第23節、ヴェルディ1-1レッズ、アウェイゴル裏14ゲート下、穴沢努  26,275人、雨、午後7時3分、8月27日、水曜、鹿と名古屋が勝って 3位に転落 4位大分、5位川崎 首位から5位まで勝ち点差は2!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

【参戦記】だめなものはだめだけど勝てばそれはそれで救われる 緑虫戦

Conv0008 結局、次の試合の前日にならんと前の試合について触れないワニです。

大分戦での未来の見えない試合を見てしまったために緑虫戦に行けない、というか仕事が尋常なないほど立て込んで、行けるはずがないという私でしたが、何をどうごまかしたのか、試合開始直前に滑り込みセーフ。

で、試合は大分よりましとは言え、なんだかは相変わらず。

試合直後はプレスが高い位置で行われチャンスが相次ぐ。達也は相変わらず裏を取るべく汗かいてましたし、両サイドの平川も相馬も積極的に前に出て行き、CKをとる。でも点が取れません。えてしてこんなときにカウンター食らうんだよなと思っていたら今日はPK。
PKはともかく、今日の西村は、早い時期にイエローを出して、その基準で出しまくったおかげで、荒れてる試合でもないのに何でこんなにイエローが大量供給されるのか苦しむ試合に。

で、PK決められ、闘莉王が見事なCKヘッドで同点。さらに高原絡みでPKいただき、闘莉王がPK。闘莉王が蹴るとわかったときのゴル裏の動揺ぶりは...。某新聞は遠藤のテクニックを盗んだと書いたが、与太も大概にしろ。

その後、復帰、ディエゴコンビに裏を取られて失点。ブーイングが聞こえないよとばかりに耳に両手を添えてゴル裏を挑発するディエゴにゴル裏は激怒。といっても何もできませんが。そうして、どさくさの得点で突き放して勝利。で、闘莉王が得点?ありゃオウンゴールに見えましたが..。

で、堤、いろんな意味で貪欲さがたりん。ゴールラインを切りそうなボールを早々にあきらめたときのサポのブーイングを聞いたか?

しかし、ヴェルディはいつの間にかレッズ以上に走らないチームになってましたね。復帰とディエゴにボールを渡せばおしまいのチーム。ん?どこかで見たことのあるチームですね。そう昔のレッズ。強力FWがいるチームが陥る落とし穴。

ヴェルディよりは少しは走ったレッズですが、疲れてくるとお互いグダグダ。それにしても、サイドを攻めてこないヴェルディには助けられました。サイド攻撃の圧力がないのに、平川は前に行けない。かなりやばい。相馬はサイドえぐってましたが、相手のプレッシャーなさすぎだからか。

この相手に負けたらサッカーやめますか状態でしたが、何とか勝利。ヴェルディサポはどう思っているんだか。復帰とディエゴにボールを渡せばお役ごめんとばかり、歩く8人衆は何を考えている? レッズ以下のチームがあったのは新鮮な驚きでした。

それにしても闘莉王のトップ下。ボランチよりは被害が少ないものの、なんだか。相馬には結構うまくボールを供給してましたが、それ以外のシーンでは歩くトップ下。ポンテも歩くけど、メリハリが違う。それでも、守備にはがんばっていたので本人は満足?

そういえば、永井がピリッとせず、というか生かせず、交替で暢久登場。登場はいいんだけどこれもピリッとせず。どうせなら、平川と替えてほしかった。平川は大丈夫なんだろうか。いつもの無茶突込みをせず、暢久ばりのバックパスして、あろうことか 試合最中にサポからブーイングを浴びる始末。

啓太、萌のボランチコンビは本来なら理想なんだが、啓太が今ひとつ。なかなかうまくいきませんね。

結局、大分よりましでしたが、結局、普通のレッズに戻っているのがミエミエで不安は増すばかり。普通にサイド攻撃をして、走ってくるチーム相手に勝てる気がしません。

ま、ともかく勝ち点3をいただいたので、文句たらたらながらアフターズバーで終電近くまで飲んで帰りました。負けていたらと思うと恐ろしい。ま、負けもありえたわけで、最悪の状況であることは変わってません。阿部、堀ノ内、萌のいない川崎戦、怖くて眠れません。

ま、だめなものはだめ。急には直らないので、そこは開き直って明日も参戦。

しかし、We are Redsを封印し、We are Diamondsも封印したままのゴル裏。また封印案件が増えないことを祈ります。というか早くコールしたい、歌いたい。頼むよ。

(第17節、レッズ3-2緑虫、北ゴル裏16列32、西村雄二 、35,080人、晴、午後7時31分、7月17日、木曜、鹿が自滅して1位に復帰)

Conv0009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

ヴェルディ戦 勝ちましたが

0058  はい,行って参りました。久しぶりの晴天。試合前,風が少し強くチト寒い。12時に南広場でいつものごとくハートフルコンサートを聴きながらMDPを読む。前日にブログで読んだ,あやかちゃんの話が出ていた。1時,スタジアムに入る時に,あやかちゃんの募金を集めている少年に出くわす。募金したけどあれでは認知が足りなく集まらないのではと心配。

 券は指定だが,北ゴール裏へ。1人なら何とかなる。観客も久しぶりの4万超え。ビジュアルサポが,バックスタンドで展開される(写真上)。うまく写真に撮れなかったが,3色のデカ旗が陽の光に当たった輝いて見えた。美しかった。

0065  ヴェルディの皆様も思ったより多い。だが,ヴェルディブログによれば,グループごとにまだ分裂しているようで,どうするんでしょうか。それでも,結構声は出ている。コアな人たちなのだろう。だが,分裂している。

 スタメンは思ったとおり。岡野は先発。意外だったのはサブに南がいないこと。DFの誰かが怪我でもしたらどうするんだろうと思いながら,試合を待つ。北ゴール裏は陽があたって暖かい(だんだん寒くなりましたが)。

0059  試合開始。岡野の動きは素晴らしく,幻の1点の時も周りと一緒になって大騒ぎ。北からは向こうのオフサイドは分かりません。ともかく,前半は岡野の活躍につきますね。90分もつとは思いませんでしたが(本人もそう言っていたようで)。それにしてもワシントン,半袖でした。闘莉王だって長袖ですぜ。心臓は大丈夫なんでしょうか。私,ワシントン嫌いじゃないです。良い奴じゃないですか。

 レッズは,1点取った後はなかなか点が取れません。手抜きですか?いや,結構まじめにやっていたようですが,サポしながらもいやーな予感。チャンスがないわけではないし,ガンバ戦より自由にやれているが,いかんせん点が入らん。

 後半になるとジウが邪魔。どうも,不完全燃焼の時間帯。で,やっぱり点を取られた。これも北ゴール裏からは事情がつかめず。あんなトリッキーなシュートとは。

 後半,30分まで同点。少し弱気になりましたが,前半のチャンスを生かし切れなかったトミーが目の前で見事なシュート。絶叫ですよ,絶叫。ポンテの3点目も目の前でのパフォーマンス。とても長い滞空時間のシュートでした。これはあっけにとられた。しかし,トミーの1点が大きかった。

0060  ヴェルディのブログではレッズが強かったなんて書いてくれる処もありましたが,トミーのシュートが決まってなかったらどんなことになっていたやら。買いかぶり。

 勝利はとても嬉しく,試合の内容も同点になるまで追加点がとれなかった割には悪くはない。暢久も久しぶりに私の心の中の罵倒を浴びずにプレーしてましたし,三都主も頑張っていたし。闘莉王,三都主に打たせてやれよ。長谷部が怒ってるぞ。

 ただ,千葉犬に勝つにはもう一段の気合いとパフォーマンスが必要。永井,内舘が次節も出られない以上,基本のメンツは次節も同じ。もう一つ上のレベルのパフォーマンスを期待してます。一方,フクアリをどこまで赤くできるか,サポできるかが我らの役目です。

 いくぞフクアリ!

追伸,アフターバーには社長が登場。帰路の空がきれいでした。

0064

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年11月20日 (日)

さぁ,ヴェルディ戦

 行ってきます。

希望のスタメン。異論はあるでしょうが...。

051120

| | コメント (0) | トラックバック (0)