サテ

2009年4月22日 (水)

ぶちぶち切れる蕎麦 サテライト 新潟戦@鴻巣 0-1

Conv0006 ユース、サテライトのはしごをすべく、ユースの試合が終わった12時50分、ダッシュでチャリに乗って大宮駅へ。

大宮駅西口の線路沿いに駐輪場があるのを前もって調べておいたので、問題なく預けます。1回120円。

昼飯を食べていないのでエキュートでパンを購入し13時10分の列車で鴻巣へ。途中、車中でパンを食べ、33分に鴻巣に到着。

駅のロータリーにちょうど免許センター行きバスが来たので乗車。ほとんどがレズサポw

52分に免許センターに到着。先行していたお仲間に連絡して、到着を報告。さぁ入場と思ったら...長蛇の列。1000円のチケットを買って列の最後尾につく。もっとも、そう待つことなく入場。お仲間のとってくれていたスペースにもぐりこむ。1時前に先着したお仲間の話によると、入場列はグランドの周り半周以上に伸びていたそうです。

Conv0007 しかし、暑い!ユースのときよりも直射日光を顔面に浴び続ける(結果、家に帰ったら、「赤鬼」と揶揄されたorz)。

で、試合。なぜか懐かしいレッズの匂いが。パスが繋がってゴール前に来ても、そこから先に進めない。パスを奪われる、シュートしても大きく外れる、ドリブルで持ち込んで自滅。相変わらずセルは単独行で、ここぞというところではずす。先発はアレ、高原、堀之内と豪華メンバー。さらにはヨシヤ、林、スイキ、近藤、赤星、加藤。

気になったのは、どうも高原がさえない。消えている。ただ、お目当ての峻希は、ユース時代と同じく豊富な運動量で右サイドを走り回っていました。奪われたボールへのプレスも激しく、ボールを奪い返す。縦の上下運動もさすが。

後半、サイドが変わって、右サイドの峻希を間近に見られるとワクワクしていたのに、新潟の攻撃が左サイド側が多く、峻希も出張。ほとんど戻ってきません。おーい。峻希帰ってこいよぉ。てな、具合。

途中で赤星が足を踏まれて倒されて脚をいためていたのが気になります。後半は、加藤→大谷、途中でアレ、堀之内、高原に替えて野田、橋本、永田が入ります。

試合は結局89分にゴール正面でファウル。新潟にFKを与え、見事に決められてしまいました。

印象は...。ぶちぶち切れる蕎麦。練りが足りなくてうまく繋がらない。
トップの調子がいいだけに、サテライトとの落差がやや気になる日でした。

Conv0009 試合中、途中交替交替した高原、堀之内、アレがクールダウンのために陸上トラックを1周。トップの試合でも試合後、メインスタンドの前を走るようになりましたが、サテライトでも似たお作法ですね。フィンケの指令なんでしょうか。目の前を走る、3人に「高原~!」という声が一際高く。高原の復活への期待の大きさを感じた試合です。しかし、大丈夫なのか、何が起きているのか..。

で、観客数は3387人。同じ日に行われた徳島-福岡戦の3731人に肉薄してました。
Conv0008

大きな地図で見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

究極の選択 サテ&ユース と 家庭と

ユースの日程が発表されました。
すでにトップとサテライトの日程は分かってますから、組み合わせてみる。
で、近々の試合はと...。

4/19(日)11:00 ユース 鹿島アントラーズFC (NACK5スタジアム大宮)
4/19(日)14:00 サテライト 新潟(鴻巣市陸上競技場)

なんと言うことでしょう。

なぜ同じ日に。

まてよ、はしごはできないか?

家から泣くスタはチャリ。試合後、ダッシュで大宮駅までチャリ。大宮から鴻巣へ

大宮13:10→13:33鴻巣

バスの時間が合えば楽勝ですね...。

試合終了後、ダッシュで鴻巣へ

鴻巣16:10→16:29大宮

チャリで帰宅。17時には家に帰れます。

が、唯一の心配は、某おやじと某夫婦が、鴻巣の試合後に熊谷の魔窟でうまそうなホルモン焼きを食べるという魅惑的な罠を用意していること。行きたいですよね。鄙の町でのホルモン。風情があります。

もっとも、真っ当な社会人なら、そんな誘惑には負けません。

前日はトップチームの試合だし、1人でそんなに遊んでいては家族に申し訳ない。真っ当な社会人なら、いきません。

でも、レッズサポは真っ当な社会人なんでしょうか。少し疑問です。

ま、いずれにせよ泣くスタには行きます(たぶん)。

あのスタジアムはユースをみるのには最適な器ですね。ピッチは近いし、観客席もユースには適度な大きさ。しかも家に近いし、途中に酒屋もあるし。メインスタンド真ん中に陣取って、未来のトップ選手(かも)を見に行きます。

さぁ、どうなるか。皆さん、私の家庭の平和を祈ってください。

あれ?大宮駅の一時預かり駐輪場ってどこにあったかな?

大きな地図で見る

大きな地図で見る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月30日 (木)

もう明後日 布陣はいかに

 もう、あさってが試合。
 さて、ギドはどういう布陣で臨むのか。

 まぁ、なんだかんだ言って気合いでしょ。どちらが勝ちたい気持ちが強いかでしょう。

 以上。終わり、というわけにもいかないので
 少し願望を。

 ガンバとしてはサイドからレッズの弱い部分を崩す、カウンターで裏をとるが基本でしょう。レッズのサイドは守備的に弱い。坪井、堀之内がいる時はここで支えてましたが、ネネ、内舘は狙われます。ネネはスピード不足。ネネ、三都主ラインはやば目。平川、内舘(そろそろ調子が出る頃だと思いますが)もやややば目。家長、加地を使った攻撃にどう耐えるか。これは坪井が戻ってくるしか手がありませんが、戻ってすぐにはフル回転できないのがサッカー。ネネ、坪井の選択は坪井の回復ぶりと試合勘の戻りにかかっている。

 カウンターではバックスの裏を狙われそう。ガンバとしては放り込みもよし、早いドリブルでマグノ、ばんどに合わせるもよし。これを防ぐには中盤だけでなく、前線でもプレッシャーをかける必要がある。となれば中盤は最近献身的な守備もする暢久を真ん中に置きたい。そして、FWでもプレッシャーをかけられる達也が出て欲しい。その分ポンテが出られませんが...。

 さて、攻撃は最大の防御となれば、レッズの両サイドが活性化することが大事、三都主、平川でもいいが、相馬、永井だっていいじゃん(と、だんだん妄想状態へ)。永井も相馬も守備に不安はあるが、三都主、平川もそう変わりない。そうなら敵陣に深く切り込む相馬、永井も魅力的。これも三都主の調子次第、永井の調子次第ですね。

 啓太と長谷部はママ。坪井が戻れば、長谷部のドリブルも出やすいです。ネネなら守備的にならざるを得ない。啓太は達也が前線でプレスをかけてくれれば、余裕が出る。となれば闘莉王も前に出やすい。

 ともかく、前掛かりになる必要はないがプレスは早め、そして期を見て敵陣に深く入り込める体制が欲しい。さぁ、どうなるやら。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)